スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウイ島~最終日は観光チャーターで

Aloha~!

マウイ島旅行記、最終日になります。

この日は、17時に空港へ行くまで、チャーターで、西マウイから、

中央マウイまで、観光という予定です。

でも、前日の晴天から、お天気は移り変わり。。。

最後は、土砂降りでした~


ともあれ、最終日、最後まで記事にしていきましょう~

10時に、ホテルへ迎えにきていただいたのは、個人でやっているツアー会社の

Rさん。私と同年代くらいの方。事前にHPで調べていたので、

様子はわかっておりました。

いざ、出発~

まずは、ドラゴン・ティースという、穴場という場所に連れて行ってもらいました。

ここは、奇岩がいっぱいです。

ドラゴンティース1

ドラゴンティース2

まさに、ドラゴンの歯(ティース)です。

この他にも、

蜂の巣岩

蜂の巣岩と呼ばれています。


海亀岩

こちらは、海亀岩だそうです。

そして、誰が作ったか、渦巻き状の石の迷路も。。。

石の迷路

少し、お天気が怪しいです。


写真を撮って、景色を快く楽しんだら、次は、ホノルア湾へ。

ここは、息をのむほどの海の色に驚くこと間違いなしだそうですが、

お天気が。。。

ホノルア湾

晴れていれば、もっと美しい海と空の青さがあったのでしょう。。。

穏やかな湾です。




潮吹き岩

ブローホール(潮吹き岩)、海の満ち引きにより 吹き上がる潮の高さも量も違い 

まったく吹かない日もあるそうなので、潮吹きが見れたことは、

まずまずな運の良さかな~ 


荒れる波

この岩のそばまで下りて行けるのですが、岩場で足場が悪く、私は、サンダル

だったので、断念。。。

T氏は、ここでは、体調不良で車の中で休んでいました。




ベルストーン

道路脇には、大きな岩が。。。

これが、ベルロックという、不思議な岩です。

石で打ち付けるとベルの音が響き渡ることからこの名がつけられたそうです。

この土地では、 交通路の邪魔になるため移動させたが 必ず翌日には 

その場所に戻っている不思議な岩という神話が残っているそうです。



ここに来るまでは、狭い道路の難所がいくつもあり、冷や汗ものでした。

ようやく、難所を切り抜けた場所が、ルックアウトポイントです。

ルックアトポイント1

180度の大パノラマなのですが、お天気は、ますます悪く。。。


ルックアトポイント2

切り立った山は、カヘキリ山です。


カハクロア村も望めます。

ここは、約200人の村人が今も昔のハワイアンのようなスタイルの

生活をしている歴史的保存地区。


カハクロア村


道が、ほんとに、狭く対向車と行き違えなくて渋滞したりするので、

ここで、引き返すか、そのまま回ってカフルイ方面へ向かうか、

散々悩まれたRさん、安全な方を選んでもらいたいものです。

ローカルの人に、カフルイ方面の道路は少しは良くなっているらしいと

聞いて、そのまま進むことになりました。

雨も降り出し、だんだん本降りになってきて、不安は募るばかり。。。

ようやく、道路が広くなったときには、ほっとしました。

。。。。個人会社のツアーの限度を知りました。大手なら、ガイドも運転もしっかりでしょう。



お昼ご飯は、最悪でした。

私も、美味しそうなお店を案内していただけるとばかり思っておりましたが、

ショッピング・モールで、自分達で好みの店を選ぶというスタイルでした。

どれも、美味しそうな店とも思えず、それでも、流行っていたラーメン屋さんに

入りましたが、カリフォルニアのラーメンと、天地の違い。。。

   帰宅した日に、食べ直しでラーメン屋に行きました。



午後からは、雨は、もう本格的で、がっかりなコースになってしまいました。

それでも、5時までのチャーターなので、何が何でもという感じで、強引に

観光を続けるしかありませんでした。

ホーリー・ロサリー教会

ここは、ホーリーロサリー教会という、ステンドグラスの美しい教会です。

ステンドグラス1

ステンドグラス2

確かにきれいです。でも、説明がほしい~



雨は、相変わらずでしたが、ここパイアは、ラブ&ピースあふれるサーファーの街、

この大雨の中だからこそ、ビッグ・ウエーブが来るのでしょう、

私達も、木陰から、濡れながら、写真に収めました。

サーフィン1

サーフィン2

サーフィン3

こんな悪天候で、事故が起こらないかと、心配になります。


パイアの街は、ヒッピー文化が色濃く残るロハス・タウンということで、

散策でも出来たら、楽しかったのでしょうけれど、

雨は、ますます激しく降り、傘をさしても濡れてしまうほど。。。

T氏は、車の中で休んでいると言い、私とRさんは、この街のカフェで

コーヒーを頂きました。

パイアは、こだわりショップが多く、見てみたい気もしましたが、

この雨では。。。

コーヒーを飲み干し、雨の中、カフルイ空港に向かいました。

これは、あまり言いたくないのですが、
このチャーターは天候に恵まれなかったとはいえ、失敗感が漂いました。
ガイドがきちんと出来るツアーが、楽しいと思います。
それに、いくらマウイでも、雨でも楽しめるコースも用意してもらえたら。。と感じました。
運転もちょっと心配で、険しい道では、とっても不安でした。
T氏に、運転を変わってと言う始末でした。T氏は、はっきりと拒否し、あれこれ指示して、
山道を下りてきました。
厳しい言葉かもしれませんが、とても、お奨め出来るツアー会社じゃありません。



帰りの便も、ホノルル経由なのですが、カフルイ・ホノルルの搭乗券は、

オンラインでチェックインし、発券出来たのですが、ホノルル・ロサンゼルスが

発券出来ないという事態が発生しました。

これは、ホノルルで、一旦、到着から出発のビルに向かうのに、外に出なくては

いけない、もう一度、チェック・インをしなくてはならないと考えられるので、

あちこちに問い合わせを朝からしていました。(それで、T氏は、さらに体調悪化か。。。)

乗り換えの時間は2時間あるので、そんな事態でも間に合うくらいの時間ですが、

海外では何があるかわからないというT氏の持論で、

結局、カフルイ空港に早めに着いたので、ホノルル行きの便を一つ早めの便に

一人プラス$30で変更しました。

そして、ホノルルでは、そのまま到着から出発へは、外へ出ることもなく、

(内部のバス移動で済む)、再チェックインもせずに、ロサンゼルスに

無事に帰ることが出来ました。

結果的には問題なかったのですが、どうなるかわからないという不安が

あったりで。。。

こんなことがあるので、飛行機の旅は神経を使って面倒と感じずには

いられませんでした。飛行機は、直行便がなんといっても、トラブルが

ありません。やっぱり、乗継ぎは、もう出来るだけ避けたいです。

こんなことがあったりしたからかな~、帰宅した晩から、胃腸風邪で三日間寝込んでしまったのは。。。


カフルイ空港から

カフルイ空港で。。。最後のショット この山の名前が、わかりません。


今回のマウイは、ホエールウォッチングが、一番のハイライト、

それだけでも、マウイに行けて良かったです

クジラを見るならマウイ島、火山や自然を楽しみたいならハワイ島、

便利にあれこれ楽しみたいならオアフ島かな~


Mahalo~! 最後まで、ありがとうございました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

マウイ島~ラハイナの散策♪

Aloha~!

少し時間が空いてしまいましたが、マウイ島旅行記、続行します~

前回は、感動のホエールウォッチングでしたが、その後は、

ラハイナの街を散策~

でも、ホエールウォッチングで強烈な陽射しを浴びたT氏、

ハードな日本出張の後で、もともと体調がベストでなかったため、

午後からは、ずっとあのバニヤンツリーの下で休んでいました。
   。。。そんなT氏を一人にして出掛ける私って。。。かしら




ホエールウォッシングの船を下りた私達は、まずは、お昼ご飯へ。。。

ラハイナ・フィッシュ・カンパニーというシーフードのレストランに

しました。

お昼時なので、海側の席は、いっぱい。。。

暑かったから、かえって、内側で良かったかも。。負け惜しみ??

シーフード・チャウダー

野菜のてんぷら

ポキ

上から、シーフード・チャウダー(魚介のスープ)、野菜の天ぷら、

ポキ・サラダ(マグロの醤油漬けサラダ)です。

お味は、日本人に合う味で、美味しかったです。

T氏も、よく食べ、ビールも飲み、体調が悪いのが信じられないくらい。。。



この後、バニヤンツリーの下で休んでいるから、一人で出掛けてと言われ。。。

せっかくなので、つらつらと散策してきました~


ところで。。。

ハワイのコーヒーといえば、コナ・コーヒー、ハワイ島が有名ですが、

あまり知られていないのですが、マウイでも生産されてます。

なかでも、マウイ・グロウン・コーヒー・カンパニーは、

私達が滞在していたカアナパリに大きな農園があり、ここラハイナに

お店があるというので、行って来ました。

観光客の多い地区から、ちょっとはずれていて、歩くこと20分くらい。

マウイ・グローイングコーヒー1

マウイ・グローイングコーヒー2

小さなお店ですが、お客さんは、ずいぶんと来ていて、店員さんも忙しそう。。

そんな中で、「こんにちは~!」と、日本語で声を掛けてくれたお兄さん、

忙しい中、親切に対応していただきました。

私は、自家用だけ。。なのに、どれがいいか、いろいろと試飲して、

選ばさせてもらいました。

マウイコーヒー

マウイのコーヒーは、コクと甘みがあるとかで、

私が選んだビーベリー、マウイ・モカは、一番人気とのことでした、



ラハイナの街は、1962年に国立歴史保護地区の指定を受けているそうで、

いくつかの史跡めぐりを楽しんでみました。

といっても、建物の中には入らず、外からだけの、駆け足めぐりです。

プランテーション・イン

プランテーション・イン、ここは、19世紀の植民者たちの家を模倣した、
アンティーク調のホテル。


ラハイナ・イン

ラハイナ・イン、ここも、アンティーク調のホテル、アンティークなお人形が目印。



灯台

オールド・ラハイナ灯台。ハワイ諸島で最初に出来た灯台(現在は建て直したもの)
当時は、クジラの油を燃やして点灯していたという。
    車との対比でわかると思いますが、思ったより、低い灯台です。



散策1

残念ながら、調べてみても、何の史跡か今となって、わからず。。
カメハメハ3世が、昼寝をするのに好んだ草ぶきの小屋かな~


散策2

ワイオラ教会。カメハメハ大王の妃に請われたリチャード牧師(ラハイナに
最初にやってきた宣教師)とスチュアート牧師の力添えにより、1828年に建てられた
プロテスタントの教会。
ガーデンが美しいことで有名で、日本人でも挙式が出来る教会として、人気があるそう。


散策3

本願寺。日本のお寺と違うような気がするが、1910年、マウイに住む日本人の
贈与で建てられ(現存のものは、1927年改築)、創立以来、お寺として、
日本語学校として、マウイの日系人にとっては、なくてはならない存在といわれている。


散策4

マリア・ラナキラ教会。1841年、カトリックのミサが初めて行われ、
1846年に、ここに木造のカトリック教会が建てられた。
現在のこの教会の建物は、1928年に改築されたもの。

   -----地球の歩き方から引用しました。




一時間半ほど、ぶらぶらと散策ししていたら、T氏からの電話があり、

バニヤンツリーに戻りました。

この広場では、朝から、テントのお店がたくさん出ていて、賑わっています。

バニヤンツリーの下で

誰が作ったのかな~、前日はバレンタインデーだったから。。。

ハート

お店のワンちゃんも、可愛い

ワンちゃん


T氏も、気分が回復してきたので、フロントストリートを散策しました。

日が少し傾いてきて。。。

ラハイナの海です。

散策5


行きかう船を眺めて、なんだか、素敵な雰囲気です。

そぞろ歩きながら、今日は、ゆっくりとホテルのレストランで夕食を摂ろうと

いうことになりました。

ホテル。レストランにて

マウイ最後の夜に、乾杯~

Mahalo~!  
 


次回は、マウイ島最終日、西マウイの秘境めぐりをしながら、空港に向かいます。

本日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

マウイ島~感動のホエールウォッチング

Aloha~!

マウイ島旅行記、三日めでございま~す。

今回は旅の佳境といえる、ホエールウォッチングでした。

クジラに感動~、そして奇跡に近いようなことが起こったのではないかと思います



ここで、ちょっとクジラについてのお勉強。。。

ハワイ近海には毎年12~5月にかけて、ザトウクジラがやってくる。

夏の間アラスカ沖の北極海で暮らしている彼らは、この時期、ハワイの

暖かい海で出産、育児、そして交配するために、はるばる泳いでくるのだ。

ハワイ生まれの赤ちゃんクジラは、生まれたときから、すでに体長3~5m、

体重1~3tもの巨体。一人前になれば、体長13~14m、体重40t

という海の巨人となる。

出産後、赤ちゃんクジラと母クジラは必ず行動をともにし、また

「エスコート」と呼ばれるクジラが、母子を守るように付き添っている

ことが多い。エスコートは、若い雄がほとんどで、子離れした母クジラと

交配するチャンスをうかがっているともいわれている。

ーー地球の歩き方より 引用ーー




また、ガイドさんの話では、

ここマウイ島沖は、水深が100mと浅く、一番の天敵となるシャチからも

守りやすい(水深が浅いので、下から襲いにくい)ということと、

暖かな海は、まだ脂肪の少ない赤ちゃんクジラを育てるのに適しているそうです。

(水に体温を奪われるため、脂肪を多く蓄えていないとならない)

このマウイの海には、クジラの餌はなく、いっさい食べずに、出産・子育てをし、

子クジラに生きる知恵や方法を教えて、5月に、アラスカに帰っていくそうです。

(お母さんの体重は、およそ三分の一まで減少するとか。。。)

クジラの生態については、まだまだ解明されていないことばかりです。



では、いよいよ、舟に乗り込みま~す

船

カウラナ号、70フィート(およそ21m)、定員149名の大きめなボートなので、

揺れも少なく、日本人ガイドさんも乗船。

山の尾根もくっきり。。。

マウイ島

2時間のクルーズ、船長さんが、クジラの近く100ヤード(およそ90m)まで、

近づいてくれます。

船長さん


この日は、クジラをあちこちに見ることが出来ました。

くじらA

くじらB

最初は、これらのようなクジラの姿でも、歓声を上げていたのですが。。。



この日は、本当に、ラッキーでした。

たくさん、たくさん、写真を撮ることが出来ました。

その中でも、スペシャルな大きく写せた写真です。

くじら1

くじら2

くじら3



ここまで、大きく撮ることが出来たのは、なんと、クジラの方から

近寄って来てくれたからなんです。

通常は、クジラ保護のため、ボートは100ヤード以内には近づけないのです。

でも、クジラの方から来てくれるのなら、別。。。

そんなことが、なんと、2回も、私達のボートの下を潜って旋回してくれたのです。

たぶん、エスコートクジラが、私達のボートを威嚇したのでは

ないかというお話でした。

こんなことは、滅多にないということで、2回も目の前に来てくれたお陰で、

さすがの私も、またまた会心なショットが撮れました。

クジラ4 会心作

   あ~、でもせっかくの写真が右端がカットされちゃって~

この大迫力が、伝わりますでしょうか。。。

ドキドキしましたよ~

2頭並んで泳ぐ、母クジラと赤ちゃんクジラは、微笑ましく、

子育て、頑張れ~って、エールを送りたくなるほどでした。

あ~、感動的~

大満足なホエールウォッチングでした 



Mahalo~!  ありがとうございました。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

マウイ島~二日めは、骨休み♪

Aloha~!

マウイ島の旅行記、二日めの記述です。



ハワイな夜を堪能し、とっても良い気分で、目覚めました。

でも、たぶん、朝6時頃ですが、外は暗~い。。。。

これは、15日の明け方の空ですが、私の会心作のショットです。

夜明け1

とっても、幻想的な月明かりが、やがて、明るくなってきて。。

夜明け2

こんな朝の風景が、広がってきます。

向こうに見える島は、ラナイ島です。



二日めの朝は、ビーチ沿いをホエラーズ・ビレッジ(ショッピングセンター)まで、

およそ20分、ゆっくり歩いて、朝ご飯を食べに出掛けてきます。

ホテル遠景

泊まっていたロイヤル・ラハイナを後にして、テクテクと。。。



散策1

海岸の砂地に足を取られながらも。。。



散策2

散策3

ハワイらしいハイビスカスやブーゲンビリアもあったけれど、

上は芙蓉かな?、下は日日草のような??

可愛い花々に、引寄せられてしまいます。




ホエラーズ・ビレッジでの朝ご飯のお店は大失敗

オムレツとパンケーキをそれぞれ注文したのだけれども、お味もボリュームも

写真を撮るほどの価値もなしだし、接客も忙しいとはいえ、

がっかりしつつも、リゾート用のワンピを買ったり、ABCマートで食料品を

買ったりで、なんやかやとショッピングを楽しみ、ホテルへ。。。

帰りは、このカアナパリのエリアを無料で走る循環バス、緑色のレトロな

トロリーに載って帰りました。

   トローリー

  (画像は、お借りしました。)


バス停の後ろは、クジラの骨組みの展示となっております。

クジラの骨組

このSCには、捕鯨の歴史がわかる博物館もあるということです。





この後、午後には、ホテル前の海で、シュノーケリングをしてみましたが、

かなり波が荒く、私は半分流され、危険だし、

とても魚と戯れるなんて状況でなく。。。

お天気も、 から  なので、早々に、プールサイドへ移動し、

またまた で一杯を楽しんでしまいました



夜は、ハワイの伝統的ショーのルアウを楽しみました~

なんと、私、を忘れてしまって。。。

でも、ショーは、前記事のショーの大掛かりなもので、舞台からは

遠く、写真も上手くいかなかったと思います。。。言い訳?!

ハワイの伝統料理がビュッフェ・スタイルで出てきます。

最初に見所とされていたカルアポーク(砂山の中で蒸す、豚の丸焼き)

切り分けられ、糸状のお肉になっていたのですが、お味は微妙

一番美味しく感じられたのは、前記事のランチにもあった、

マカロニサラダでした

デザートのケーキに至っては、やっぱりアメリカね~と、

思い起こすような、ドぎついカラーの赤いケーキなんてあり、

ショーの食事だから。。と自分を納得させるものでした。

ショーは、とっても楽しめます。この日は、バレンタインでしたから、

とっても、盛況でした。

ルアウ1ルアウ2

ルアウ3ルアウ4

(画像はお借りしました~)


 画像の拝借は、私にとっては、お初のテクでございます(ド素人丸出し

二日めは、ゆる~く、骨休めの日。

次回は、一番楽しみだった、ホエールウォッチングです。


Mahalo~!  ありがとうございます。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


マウイ島~ホテルとハワイな夜

Aloha~!

マウイ島の旅行記、続きます。



今回、私達が3泊宿泊した、ロイヤル・ラハイナ・リゾートは、

ラハイナでの宿泊予約が取れず、旅行社の手配で決まったホテルですが、

結果として、ラハイナに宿泊するより、リゾートらしいこちらのホテルに

滞在して良かったと思いました。

このカアナパリのエリアは、マウイで最初にリゾート開発された地域で、

このホテルも歴史あるホテルだそうです。

Chikoさんという日本人のスタッフがいらっしゃって、私達も、大変

お世話になりました。   Chikoさん、ありがとうございました~!!



私達の部屋は、3F、オーシャンビューのお部屋でした。

部屋からの眺め2

部屋からの眺め1

お部屋の中は。。。

室内2

室内1

部屋も眺めも、良い感じです



お部屋に納まると、お腹も空いてきて、ホテルのレストランへ下りていきました。

このレストランが、意外にも、なかなか美味しくて、落ち着けるレストランでした。

午後6~9時まで、ショーがあり、これを間近で見ながら、を飲むなんて、

わ~、もう最高~!!、リゾートって、気分です 

ショー1
ショー2
ショー3
ショー4
ショー5


私達のテーブルの前で、弾き語り。。。そして、フラ 

ショー7
ショー6



このショット、お気に入り~

ハワイな夜

ハワイな夜は、更けていきます

Mahalo~! ありがとうございました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
プロフィール

whiteviola

Author:whiteviola
2015年末、アメリカから日本へ戻ってきました。息子達も独立し、夫T氏と日本での二人暮らしの50代主婦です。
ほとんど、おひとり様の毎日ですが、普通の生活に感謝しつつ、プチハッピーを感じていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。