スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンガリーの思い出~♪

ヘレンドのカップを記事にしたところで、ハンガリー、ブダペストの旅を

思い出してみたくなりました。

思い出に耽りながら、ご一緒に、ブダペストの街を垣間、見てみませんか








あれは、2009年の9月でした。       もう6年も前になるのね~

三泊四日で、次男とともに三人で、ブダペストのインターコンチネンタルホテルに

泊まりました。

ここは、ドナウ川に建つ、景色抜群のホテルでした。

お部屋の窓からは、このような対岸にある王宮が臨めます。

王宮


この写真は、お部屋からではありませんが(ガラス窓が邪魔して、部屋からの写真が。。

このように、暮れなずむ王宮も臨め、絵になりました~



ハンガリーの首都、ブダペストは、ドナウ川を挟んでブダ地区とペスト地区からなり、

ドナウの真珠と言われるほど、美しい都です。

ドナウ川

この橋は、鎖橋(チェーン・ブリッジ)、ブダペストのシンボルです。

手前が、ブダ側で丘陵地帯、王宮の丘と呼ばれる地区には、王宮はもとより、

マーチャーシュ教会、漁夫の砦等、観光のハイライトとなっております。

一方、向かい側のペスト側は、平坦で商業地区になっており、アンドラーシ通りは、

「ブダペストのシャンゼリゼ」ともいわれる美しい通りです。


街1

こちらの独自の屋根が、漁夫の砦です。


街2

ブダ地区の街並み




ペスト地区

こちらは、ペスト地区の広場の一角。

大きなクレーンも見え、新しい街として、建設中の建物も多かったです。


英雄広場

ハンガリー建国1000年を記念して1896年に作られたブダペスト最大の英雄広場。




この裏手には、大きな市民公園があり、そこには、私達夫婦のお目当ての。。

次男は、この日、ホテルで宿題に精を出していましたね、私達夫婦の好きなものには、全く、興味ないし。。。



やっぱり、何処に行っても、ここに来てしまう私達夫婦。。。

アンティークマーケット

もう、おわかりですね~

アンティークマーケットですね、もちろん。。。

いや、正しくは、ペトゥーフィのノミの市です。



ストール

こちらで、ハンガリー刺繍のテーブルクロスと、クッションカバーを買いました。




夜には、ハンガリーダンスも見ました。

ダンス2

ダンス1

ダンス3

ダンス4

民族衣装が可愛いです~






グヤーシャ

ハンガリーのスープ、グヤーシュ

T氏は、ハンガリー出張で、このスープを食べて、大絶賛

もう一度、食べに来てみたかったそう。。。

グヤーシュは、パプリカの粉末を牛肉・野菜と煮込むハンガリーを代表するスープです。


ワイン

ハンガリーも、ヨーロッパ有数のワイン産地。

貴腐ワイン、トカイ・アスー、夕食後、ホテルの部屋で楽しみました。

貴腐ワインは、甘く、デザートワインとして、食後などに頂きます。





最後に、色鮮やかなお土産屋さん。。。

お土産屋さん1

お土産屋さん2

刺繍物のお土産が、たくさんあります。







以上、大雑把に、振り返ってみました。

ハンガリーは、通貨がフォリントで、ユーロではないので、円やポンドからみると、

物価が安く、治安も良好。

カフェ文化があるので、美味しいケーキもありました。

ウィーンからドナウ川を下って、ブダペストへ行くことも出来ます。

私達も、会社内の人がウィーンからドナウを下って、ブダペストでお会いしました。


ドナウの真珠のブダペスト、美しい街でした~




6年前のことだけれど、記事に残せて、良かったです。

読んで下さったみなさま、ありがとうございます~(^O^)


にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

おつきあい下さいまして、ありがとうございます~♪
スポンサーサイト
プロフィール

whiteviola

Author:whiteviola
2015年末、アメリカから日本へ戻ってきました。息子達も独立し、夫T氏と日本での二人暮らしの50代主婦です。
ほとんど、おひとり様の毎日ですが、普通の生活に感謝しつつ、プチハッピーを感じていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。