スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス旅行最終日その1~ベルサイユへ

6日間のフランス旅行ですが、5日めが最終日のようなものです。

に乗れば、翌日14:50に羽田着ですから。。。

実際は、14:30に到着しましたけれどね。。。




最後なので、さくさくと進んでいきましょう~

この日は、オプショナルのベルサイユ宮殿ツアーに参加しました。

ベルサイユも、遥か中学生の頃から、一度は訪れてみたいと

思っていました、あの「ベルバラ」の影響大です。

この日のために、マリーアントワネット展へも出掛けていたのですから。。。



ベルサイユへ行く前に、少々時間があるので、マルシェ(市場)へ

立ち寄りました。

マルシェ1

マルシェ2

マルシェ3

マルシェ4


お魚は、とても新鮮そうだし、貝類も豊富です。

私の大好きなウニもあります


マルシェ5

マルシェ6

マルシェ7

右手には、巨大チーズが。。。





マルシェ8

さすが、パリ

美味しそうなケーキが、品良く、並んでいます~




ワンコ

お買い物にお付き合いしていたワンコ

お行儀良い、おりこうさんです~




このマルシェは、高級住宅街に隣接しているので、ちょっとお高めだそうです。

でも、マルシェの雰囲気が味わえて、楽しかったです~





マルシェで時間調整をして、ベルサイユには、オープンの9:30前に

到着しましたが、すでに、駐車場には、大型バスが何台も駐車していました。

う~ん、かなりの人混み~

アジア人ばかり、ほとんどが中国人のよう。。。。

どこでも、チャイナパワーが炸裂してます。。。。

広場1

広場2



私達は、グループ予約をしているので、別のゲートから入場しました。

見学コースは、二階がメインということで、

最初に、王室の礼拝堂を見学しました。

礼拝堂1

礼拝堂2

礼拝堂3



ベルサイユ宮殿といえば、鏡の間が有名ですね。

鏡の間1

鏡の間2

鏡の間3

ここは、大廊下のようなところで、入場して右手には、大きな窓、

左手には、鏡が備え付けられており、光が反射して、ひときわ明るい間であります。

鏡は新旧が入り混じっていて、鈍く映っている鏡は、当時からのものだそうです。






執務室

こちらは、王の執務室。



王のベッド1

王のベッド2

暖炉

王の冬仕様の寝室です。

暖炉の上の時計は、当時のものだとか。。。


ベルサイユの中の当時の家具などは、フランス革命時に、

全て売り払われてしまったそうで、公開されている場所に現在あるものは、

買い戻したり、リプロダクションされたものだったりで、

公開されていない他の部屋などは、がらんとしているそうです。



プライベートの階段

ここは、公ではないプライベートな王室の人々のための階段です。





順番が前後したりしますが、その他の室内の様子です。

IMG_2258.jpg

IMG_2260.jpg

IMG_2267.jpg

IMG_2281.jpg

IMG_2286.jpg

IMG_2287.jpg


当時は、もっともっと華やかだったのでしょう。





中庭

中庭で記念撮影~


庭園1

庭園2

庭園3

庭園は広すぎて、グラン・トリアノン、プチ・トリアノン、王妃の村里などは、

とても見きれません。。

マリー・アントワネット縁りは、こちらの方なんですが、残念



長くなりましたので、その2に続きます。




スポンサーサイト

フランス旅行4日め~パリ編

6日間のフランスは、あっという間に終わってしまいました

帰国して、二日目、時差ボケもなく元気~

まあ、身体が日本時間のまま、戻って来たのだと思います。

お土産にをたくさん買い込んだので、

冷蔵庫を開けるたびに、匂うんです。

でも、これが、私にとってのフランスの香りね~


さてさて、残りの旅行記を進めていきます。






モンサンミッシェルの感動を抱いて、

5時間ほどかけて、パリへ戻って来ました🚌

セーヌ川やエッフェル塔を車窓から見ていると、今更ながら、フランスに来ている~

😍という実感が、ひしひしと湧いて来ました。

車窓からのパリ観光の中、唯一、ルーブル美術館だけは、ガイドさんの案内で

見学出来ました。







モナリザの前は、いつでも大盛況‼️



ようやく前に進めたけれども、照明の関係からか、くっきり、すっきりと

撮れません😢







ルーブルには、風景画とかはありません。宗教画と肖像画だそうです。

なぜなら、画家は雇われている関係上、主の請われる絵を

描くしかなかったそうです。








民衆を導く自由の女神 BY ドラクロワ





サモトラケのニケ(NIKI)

スポーツブランドNIKI(ナイキ)は、ギリシャ神話の勝利の女神ニケが、

名前の由来だそうです。



ナポレオン戴冠式

ナポレオンの戴冠式

この絵には、ナポレオンの権力によって、いやいや連れて来られたという

表情をしたローマ法王が描かれています。





天井画2

天井画1

さすが、もと宮殿だけあって、天井等の装飾も、華々しいです。





戴冠式に使用した王冠やティアラ




140カラットのダイヤモンド。。。。らしい(本物かしらと疑問








ルーブルの見学が終わると、パリの街も日暮れておりました。


エッフェル塔1

エッフェル塔2

ライトアップされたエッフェル塔。

やっぱり、パリのシンボルだなぁ~って思います。

市内観光は車窓からなので、マトモにとれた写真は、これのみでした~




この日の最後の予定は、ディナークルーズ~

船上から、パリの名所の望みながらのディナーですが、

外を上手に撮りは難しいです。

早々に諦めて、食べることに専念しました(笑)

クルーズ船




食べることに専念したので、メインの画像がありませんが。。。

鴨のテリーヌ

前菜の鴨のテリーヌ

見た目は美味しそうです。

   いや~、実際は、生臭さを感じてしまって、ごめんなさいでした。。。。



デザート

お楽しみのデザートですが、パリらしくない、しつこい甘さ~

完食できませんでした~





どうした、美食のフランス 

団体旅行じゃ、美味しさを求めるのは無理ってことかしら???




この日の長い一日が終わりました。







明日から。。。。

相変わらずですが、またまた、久しぶり過ぎる更新です(^_^*)

明日から。。。なのですが、6日のフランス旅行に行って来ます🎵

お正月の後から、今回の旅行までに、何度か更新したいとは思っていましたが、やっぱり。。。。でした(>_<)

今回の旅行は、Wi-Fiをレンタルしたので、
出来るだけ更新したいとは思っていますが、
忙しいツアーなので、夜は即、😴となってしまうかも。。。。

パリから、ロワール地方の古城巡り、世界遺産のモンサンミッシェル、パリに戻って、ルーブル他の観光、オプショナルツアーでのベルサイユ宮殿観光と、🚌で大きく移動する、盛りだくさんだけど、
忙しいツアーなのです。

でも、帰国してからでも、しっかりと旅行記は完成したいと思います。

なんだか、今は、そわそわと落ち着きません。

気持ちを落ち着かせるため〜、








ヘレンドのバコニーの春のマグで、コーヒータイム🎵

リサイクルショップのオ◯ハウスで、店頭価格の
30%オフになった時を狙って、お買い上げ。
新年の大バーゲンでした。

以来、バリスタで淹れたコーヒーを飲む時に、
愛用しています〜💕

パリのカフェでも、お茶したいなぁ〜😊


では、行って来ます🎵


プロフィール

whiteviola

Author:whiteviola
2015年末、アメリカから日本へ戻ってきました。息子達も独立し、夫T氏と日本での二人暮らしの50代主婦です。
ほとんど、おひとり様の毎日ですが、普通の生活に感謝しつつ、プチハッピーを感じていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。