スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の停電(Blackout)

昨日は、この夏一番の暑さになった模様で、夕方になっても、ムァ~とした空気で、

あまりエアコンを使うことのない我家でも、スィッチ・オン

今晩は、T氏は、社内の人達と焼肉ということで、私は、一人リラックス・タイム。。。

そんな時でした、突然、私の前から、ネットの画面が消え、TVの音声も、エアコンも、

辺りもパッと暗くなって。。。

え~、停電~ そんなの聞いていないよ~

なんで、よりによって、私一人のときに。。。

私の家が、こんな状態なのに、外のプールサイドでは、イベントが行われていて、

賑やかな声がします。。。。

ブレーカーでも落ちたのかな~と思って、暗い中、携帯電話のライトを頼りに、

ブレーカーを全て逆方向に変えてみました。

ダメダメ、相変わらず、暗いまま。。。

しょうがない、T氏に電話してみました。

電話も固定電話は使えません。携帯のありがたさや~。。。

T氏は、今から帰るところだから。。。と、とりあえず、暗い中、

帰宅を待つしかありませんでした。

外から帰ってきたT氏は、うちの前の通り全てが、真っ暗だったと言っておりました。

どうやら、我家だけでなく、ご近所さんも。。。と、外に出てみると、

あれ、あちら側は、電気が点いているぅ~

プールでも、イベント終了後も、子供達が泳いで遊んでいるし。。。

一部のエリアだけの停電、ど真ん中に当たった我家。。。

電気が使えない夜が、こんなにつまらないものとは、想像出来ませんでした。

寝苦しい夜を耐えて、朝を迎えても、昨晩と状況は変わりません。

ご飯も炊けないし。。。ということで、外に出掛け、昼頃、家に戻ってみると、

ようやく復旧しておりました。 良かった~

しかし、問題が。。。ケーブルTV、インターネット、電話が、未だに。。。

とうとう、リーシングセンター(管理事務所)に、T氏と一緒に出向きました。

ブロバイダーのCOXへ、リーシングセンターから連絡してもらいました。

どうやら、昨日の異常な暑さで、電気の消費量が上がり、我家を含む一部の地域が

停電となり、ブロバイダーのCOXにも支障が出来たそうです。

今、復旧の途中だそうで、今しばらく待ってほしいということでした。

そうとなれば、仕方のないこと。。

電気というライフラインは復旧しているだけマシと思い、待つことにしました。

午後3時、全てが復旧。停電から、19時間後でした。


電気が使えない生活を、ほんの少し経験して感じたことは、

携帯電話は、充電切れのないよう、いつも気をつけよう

ということです。

普段、家にいることの多い私は、携帯の充電をよく忘れているのです。

今回は、たまたま、満タンに充電されていて、T氏への連絡や、ライト替わりになり、

おおいに役立ってくれました。いざという時の携帯のありがたさや。。。

日本にいる方には、当たり前に感じていることですね

私には、今回、身に滲みて、わかりました




にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ロジャーズガーデンへ ♪

Iさんと一緒に、ロジャーズガーデンへ行って来ました。

以前にも記事にしましたが、  前回の記事

この辺りでは、一番大きくて、品揃えも良く、センスも良いガーデンセンターです。

ロジャーズガーデン

店内は、早くもハロウィーンのディスプレイに替わっていました。

かぼちゃ1

かぼちゃ2 
可愛い男の子が入っちゃった~

かぼちゃ3
白いかぼちゃは、珍しいです~


私、実は、こちらの方のハロウィーンのディスプレイって、好みじゃなくて。。

ドクロとかスパイダーとか、自分でディスプレイしたいとは思わなくて。。。

かぼちゃまでは、いいのです。

ジャック・オ・ランタンは、一度作ってみたいかも。。。って思います。

でも、その他は。。。だから、今回もかぼちゃの写真までです。

こちらのハロウィーンは派手ですよ~、その時が来たら、また記事にします。



あげは蝶
ペンタスにアゲハ蝶が。。。

ドルフィントピアリー
ドルフィントピアリー

ローズガーデンにも、まだ薔薇がキレイに咲いておりました。

ばら1 
ばら2 ばら3

今日は、見るだけ~

でも、そのうちに、またもう一つ、薔薇をお迎え出来たらいいな・・・

お店なんだけど、見るだけでも楽しい場所です 



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

再開、ウォーキング ♪

このところ、朝からカンカン照りで、暑いけれど(失礼!この程度の暑さなのに)、

久しぶりに、ウォーキング再開しました

もう一人、相方がいてくれますので、おしゃべりしていると、

いつものコースのゴールが、あっという間に、来れる気がします。

やっぱり、暑いせいか、人が少ないです。


青空に映える赤い花。。。。

赤い花


やっぱり、水辺の鳥は、涼しそう。。。

サギ

カモ


でも、地上の鳥ものんびり。。。カナディアン・グースだそうです。

カナディアン・グース


暑いから、湖の主の鯉や野ウサギは、出てきませんね~。

ゴール間近にあった木々、幹の白さが眩しすぎるぅ~

白い幹


あまり季節感のないカリフォルニアですが、ウォーキングをしながらでも、

少しでも季節の移り変わりを感じていきたいです。

日差しのきつい、夏の朝でした。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

今日のお茶時間~カップの忘備録17

ロイヤルアルバートクラウンチャイナトリオ 1

ロイヤルアルバートクラウンチャイナトリオ2

こちらのセットは、先々週のエステートセールで$6で購入した、

ロイヤルアルバートのクラウンチャイナ時代、1925~1927製造のものです。

バックスタンプ 模様アップ

絵柄のアップを見てわかるように、東洋的で、上品な感じのセットです。

このカップは、コーヒーが似合いそうです。

今日のお茶時間

手前のクッキーは、カナダで気に入ったクッキーと似ているので、

買ってみました。

クランベリークッキー

でも、ちょ~っと、違うのです。カナダで買ったものは、もう少し薄くて、

食感が違う。。。

メープルクッキーも、今日行ったスーパーにはなかったし、

お隣の国だから、同じようなものがありそうなんだけれど。。。



もう少し、探してみます



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

カナディアンロッキーの旅 追加写真 アルバム公開

カナディアンロッキーの旅、番外編として、T氏の写した写真を

アルバム公開いたします~

タイトルや説明を付けられれば良いのですが、何も加えることが

出来ず、ランダムな写真で、すみません 

カナディアンロッキー アルバム



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

8/27 久々の書道教室

久しぶりに、前回7月16日から、1か月以上空いて、

書道教室に訪れました。

先週も教室はあったのですが、T氏の通院で休み、

ほんとに、久しぶり。。。

一夜漬け、前日に、慌てて練習しました


お手本 添削

先生のお手本と並べると、郎のつくりの撥ねの線がすっきりしていません。

廟の月の一画めの入り方、朱が入っている部分、気をつけなければいけません。

でも、これで、合格ということで、次回からは、行書になるそうです。


かなは、今回はく・けの文字です。 先生のお手本が今、手元になく、

たぶん、忘れてきてしまったのではないかと。。。

かな添削1 かな添削2

1枚めの様に、同じ文字を続けていくと、だんだんとダレてくるんですね。

2枚めの様に、一文字ずつ書き進めていく方が、流れにのって書けるような

気がします。

かなは、7月中は、ずっと練習していたのです。8月になってからは、

さっぱり。。になってしまいました。

でも、練習していたのとしていないのでは、違う

と、はっきりと感じました。

今回、練習からだいぶ時間が空きましたが、なんか、手が憶えているような感覚が

ありました。

かなは、やっぱり練習しなくっちゃ。。。

頑張ります


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

T氏の目の診察 4

旅行記を書いている間にも、少し記事にしたいようなこともありました。



T氏の眼科の診察予約が、8月20日にありました。

うれしいことに、診察の結果、安定しているので、

次回から、半年おきの診察でよい。。。。

と、医師からのお言葉をいただきました~

かかさずの目薬の点眼が効いたのでしょうか、

ちょっと、ほっとしました

次回は、来年の2月19日です。半年って、ずいぶん先ですね。。。

この結果を保持して、いつかあるであろう帰国まで保てていられれば、

ベストです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

カナディアンロッキーの旅 その7

カナディアンロッキー、8月15日最終日です。


今日は、T氏にとっては、待ち望んでいた釣りの日。

でも、陽がすっかりと昇ってしまって(午前10時頃)、釣れるのかしら??

いえいえ、きれいな川の流れる、その場所で、釣り糸を垂れるだけでも、

良い気分だそうです。

ほんとに、絵になるような場所なんです。

今までは、いわゆる観光スポットに行っていた訳で、何気ないこんな風景も

素晴らしいのです。

森林浴

釣り場 1

T氏は、釣り開始~

私は、昼寝とカメラ撮り

こんなところで、釣りするだけでも、やっぱり幸せね~

釣り場 2

全く期待していなかったけど、釣れたのです。

釣り場 3

釣り場 4

  2匹も~  ほんとは、30センチほどの大物を逃したそうです。。。
  でも、私は目撃していないので、30センチは、いささかオーバーじゃない? 
  これが、釣り師の大見得


釣った魚は、キャッチ&リリース(釣っても、逃がしてあげること)です。

釣り場5
   いいな~、絵になるな~釣り冥利のポイント

気持ち良さそうに、ボートが下ってきました。

ボート

美味しい空気がいっぱいで、今度は、お腹が空いてきました。

T氏は、なかなか竿を収めることが出来ず、名残惜しそうでした。

でも、まさか釣れるとは思っていなかったので、とっても満足気。。。

ちょっと暑かったけれど、水辺は、やっぱり気持ちの良いもの、

私も、ゆっくり出来て、良かったかな。。


お昼は、冷麺を食べることにしました。

冷麺

   奥にあるのは、もれなくついてくる韓国式おかずです。
   冷麺の鶏肉に見える白いものは、酢漬けの薄切りダイコンです。これが、めちゃ美味しい~


SEOUL COUNTRY KOREAN RESTAURANT
2F Sundance Mall, Banff
TEL:403-762-4941

ホテルのお迎え時間を気にしながら、地元スーパーSafewayでお買い物。

バタバタと買い物をし、ホテルへと路線バスで戻りました。

もう、この素晴らしい景色ともお別れです。

最後に、ロッキーらしいワンショット(ロッキーは岩のことですからね。。。)

ロッキー
  
      ペイトー湖からの眺め 

ここが世界遺産となるのも尤もなことで、後世に伝えるべき大自然の宝庫です。

カナディアンロッキーを訪れることが出来て、ほんとうに良かったと思います。

カルガリー空港19時20分発のウエストジェットで、幸せな思いを胸に、

帰路に着きました。

    この後、カルガリー空港で、アメリカの入国審査をすることになるなんて、びっくりしました。
    アメリカの入国審査は、左右の指の指紋を撮ったり、顔写真を撮ったりで、かなり面倒です。
    でも、ここでは、右(あれ、左?)の親指を除く4本指だけの指紋と簡単な質問だけだったので、
    混雑するロサンゼルス空港での審査よりは、マシでした。(覚書)




旅行記を、だいぶ長々と書き連ねましたが、ここに記録を残すことによって、

また思い返すことも出来ます。

ようやく、書き終えることが出来て、ちょっと、ほっとしました。

毎回、お付き合いいただきまして、ありがとうございました~

また、番外編で、写真をアップしたいと思います。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村





カナディアンロッキーの旅 その6

今日のお茶

カナダ土産のクッキーと紅茶が美味しくて、ここ連日、同じものばかりを頂いています。

このメープルシロップクッキーなんです。

メイプルシロップクッキー

もっと買ってくれば良かったと、後悔。。

どこかで、同様なクッキー、売っていないかな~、探してみましょう。。。



さて、カナディアンロッキー、8月14日、三日めの続きです。

ナチュラルブリッジの後は、その名前の通りの宝石のようなエメラルドレイクへ。

エメラルドレイク1

エメラルドレイク2

水の色

   ちょっとエメラルド色ではないけれど、この水の色の美しさ

写真は、カヌーに乗って、湖上から撮ったものです。

カヌーは、三人乗りで、私達は、若い一人旅のOLさんと一緒。。。

彼女とT氏が櫓を漕いでくれたので、私は楽チン

岸からの湖と湖上からでは、水の色が違って見えるように思えます。

また、晴れているからこそ、水の色は明るくて。。。

陰ったエメラルドレイク

   ちょっと日が陰ると、このような色に。。。

その時、場所によって、湖の色は変化します。

   ずっと眺めていたいくらいに、飽きませんね~

ガイドさんは、お客さん全員が、カヌーに乗っている間、泳いでいました。。。。

氷河湖ですから、水は冷たいのですが、現地人は、冷たい水で泳ぐのが

当たり前だそうです。


名残惜しいですが、エメラルドレイクを後にして、バンフへと

帰路に向かいました。

ミニバンの中で、一人旅の男性と、私、Kさん母娘と話していたのですが、

彼は、昨日、バンクーバーからロッキー・マウンテニア鉄道に乗り、

バンフに到着したそうで、途中1泊するのですが、その1泊は、車中ではなく、

街のビジネスホテルのようなところに泊まるのだということを聞きました。

私の中では、寝台車で、まるでオリエント急行のようなイメージでいました。
    そうだったのですか~、車中泊じゃなかったんだ~

彼の話によると、寝台車にすると、客数をとれないので、収益を考えてのことだそう

です。それで、車両もエンエンと長く続くそうです。

   
話に興じているうちに、バンフ近くにあるバーミリオン湖に立ち寄りました。

バーミリオン湖

バーミリオンというのは、朱色ということで、朝焼けに湖面が朱色に染める

ことから、その名がつけられたそうです。

湖は、三つに分かれていて、ファースト、セカンド、サードと番号が

つけられているのですが、ここは、たぶんサードだったような。。。自信なし。。


バンフでは、今日は、バンフスプリングホテルで下車させてもらいました。

出来れば、ここで夕食とも思ったのですが、侍という日本食レストランが

なぜか、水曜日はお休み

それで、ホテルの外、敷地内にある、隠れ家的なドイツ風なパブで、

喉を潤しました。テラス席で、ボウリバーを臨みながら、

T氏は、ドイツビール、私は、アイスティー。

夕方の川風が、心地良く感じました。

ボウリバー

ここから、ボウ滝に向かって散策です。

ボウ滝

このボウ滝は、マリリン・モンローの「帰らざる河」のロケ地となった場所だそうです。
     私は、その映画を見たことがないので、ピンときませんが。。。

滝といっても、タカカウの滝と違って、落差もあまりなく、静かなボウ川が、

流れが急になって、落ちてくるという感じです。

このまま、ボウ川沿いを歩きつつ、T氏は、明日の釣りのポイントを考えながら、

ダウンタウンまで行きました。


夕食は、またも、杉乃家さんへ。

私はサーモンの押し寿司、T氏は再びアルバータ牛のステーキを、

カウンターで、お店の人と会話を楽しみながら、食しました。

T氏が愉しみにしていた生ビールは、来店時間が少々遅かったので、

売り切れてしまってました。。。残念。。

杉乃家
電話番号 403-762-4773
ジャンル 寿司、刺身、天ぷら、丼もの、鍋もの
住所 225 Banff Avenue, Banff
営業時間 12:00~22:00




今日も、めいっぱい楽しんだ一日でした。

四つの湖を見てきて、どこが一番かな~なんて考えたりしてみても、

どれが一番とも言えず、それぞれ特徴的で、

みんな違って、みんないいーーーーって感じです

明日は、最終日。T氏の待ち望んだ釣りです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

カナディアンロッキーの旅 その6

カナディアンロッキーの旅、8月14日、三日めの続きです。

モレーンレイクを後にして、ミニバンは、バンフ国立公園を抜け、

ヨーホー国立公園に入ります。キッキング・ホース峠を越えて、

アルバータ州からブリティッシュ・コロンビア州に入りました。

ガイドさんの話によると、この峠は、大陸分水嶺となっていて、

ここを水源として、水は、太平洋と大西洋に流れているということです。

。。。Wikipediaでは、太平洋・大西洋・北極海の3つの大洋に注ぐとありました。。。

そして、その峠の先には、スパイラルトンネルがあります。

スパイラルトンネル1

スパイラルトンネル2

このトンネルは、カナダ太平洋横断鉄道会社がキッキングホース峠を登るために造った

螺旋状の8の字のトンネルで、ここに100両編成以上の貨物列車が走ってくると

トンネルの出入り口に同一貨物が交差して、まるで蛇がとぐろを巻いているように

見えるそうです。ここにある写真のように、あいにく列車は走っていなかったので、

全く何の写真かわかりづらいと思います。
     こちらの鉄道、止まっている車両を見ましたが、長い長い。。。全く、何両連結なのか。。。
      もし、その長い車両をもつ列車が、このトンネルを通過するところを、
      ラッキーに見ることが出来たら、面白い写真が撮れたでしょう。。。



次は、タカカウの滝に行くのですが、そこに辿りつくまでの道は、急なカーブが

あり、大型バスのような車体の長い車は、ハンドルを切り、一度バックをしなければ

曲がれない、非常にテクニックを要する道です。一般車も、見通しが悪いので、

クラクションを鳴らすべきなのに、他の車はいっこうに鳴らさないし、

スピードもあまり緩めないままなので、反対方向で見ている方がヒヤヒヤします。

レンタカーで運転する時などは、よほど注意する必要があります。

ガイドさんも、ここでよく事故を見かけ、ひどいときは、通行止めになってしまうと

お話されてました。



タカカウの滝とは、先住民の言葉で、すごい滝という意味で、

落差370メートルで、水源が氷河の、野性的な滝です。

ちなみに、ヨーホー国立公園のヨーホーは、英語でいうWonderful、

素晴らしいという感嘆の言葉だそうです。

タカカウの滝1

タカカウの滝4

タカカウの滝3
    またまた登場してしまいました~

とっても迫力のある滝で、滝の下まで行くと、水しぶきがすごくて、びしょびしょに

なってしまいます。それでも、マイナスイオンを感じて、なんだか気持ちが良いです。

愛嬌のあるリスちゃん

滝に向かう道筋に、またまた愛嬌のあるリスちゃん登場

この辺りの川は、ものすごく白濁して、まるで、セメントを流しているよう。。

濁る川

ほんとに、自然の姿は、いろいろな表情を見せて、全く飽きさせません。


またまた急なカーブの道を通って、次は、ナチュラルブリッジです。

ナチュラルブリッジ1

ナチュラツブリッジ2

ここは、氷河の溶け水によるキッキングホース川の水流が、石灰岩の川底を

長年にかけて侵食してできた天然の岩の橋です。

ここの駐車場近くに、アルバータ州の花、ワイルドローズの実がありました。

ワイルドローズの実

たぶん、バラの実はローズヒップティーだから、この実もお茶にして

飲むことが出来るでしょう。。。でも、国立公園内のものは、ゴミ以外は、

絶対に持ち帰ってはいけません!!


と、今回も長くなってきたので、続きは、また次回にします。

今度こそ、次回は、エメラルドレイクでのカヌー体験です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

カナディアンロッキーの旅 その5

カナディアンロッキーの旅、8月14日、三日めの記事です。

今日も、朝9時から、ヨーホー国立公園・湖巡りのツアーです。

昨日と同じメンバーのKさん母娘に3歳の女の子連れのご家族、

そして、今日のメンバーとなった結婚1年めの新鮮カップルさん、

一人旅のOLさん、同じく一人旅の男性さんにガイドさんと、総勢12名となりました。

ミニバンは、とってもアットホームな雰囲気です

まずは、昨日、車窓から見たキャッスルマウンテンへ。

キャッスルマウンテン

朝の空気は、清々しく、心がのびやかになります。

ガイドさんの話によると、この山は、第二次世界大戦に功績のあった

連合国最高司令官のアイゼンハワー(後の第34代米国大統領)に、褒賞として、

カナダがこの山を贈り、アイゼンハワーと名付けたそうです。

しかし、その贈与式の時、かのアイゼンハワーは、ゴルフをして欠席。

それが、元で、アイゼンハワーという山の名前は、いつしか消えて、

元々のキャッスルマンテンに戻ったそうです。。。。。豆知識1。。。。


また、国立公園内のハイウェイには、めがね橋というアニマルボーダーパスがあり、

動物が横断出来ないように、ハイウェイに柵を造りました。

しかし、この柵は動物生態を崩すので、地下道も造りましたが、地下を嫌う動物の

ため、このアニマルボーダーパスが造られました。。。。豆知識2.。。


バンフのあるカナダ・アルバータ州は、財政が豊かな州だそうです。

これは、石油、小麦、キャノーラ、牛などの資源が豊富なことに由来します。

ガイドさんは、現地で働いているというだけで、保険料無料、医療費も無料と

おっしゃっていました。。。。豆知識3.。。


すみません、トレビアの泉のような、どうでもいい知識で。。。

でも、ガイドさんのお話は面白く、やっぱり日本語のツアーにして良かった

って思いました


ミニバンに揺られながら、お話を聞いているうちに、レイクルイーズに到着です。

レイクルイーズ1

レイクルイーズ2


 湖全体の写真を撮り損なっていました。2枚めは、ホテルのガーデンからの遠景ですが。。

この湖は、英国ビクトリア女王の娘、ルイーズの名前に因んで名付けられた、

とても美しい湖です。湖畔には、シャトーレイクルイーズという、その名の通り、

お城のようなホテルがあります。(バンフスプリングスホテルと同様です。)

そのホテルも、とても素敵です。写真なくて、ごめんなさい。。。

もう一度来ることがあったら、このホテルで、湖を臨みながら、食事出来たらいいな~

熊

湖のそばで、実際のクマを展示しておりました。

毛並みは、触ってみると、案外気持ちの良いものでした。

でも、野生のクマの爪は鋭く、これが命取りになるのが、よくわかりました。

ハイキングなどで、山に入るときは、四人以上で行動するようにと注意されてました。


次は、現地の人に一番人気のあるという、モレーンレイクへ。。。

モレインレイク

モレインレイク2

素晴らしい景観でした。この山々は、テン・ピークスと呼ばれ、カナダの旧札、

$20紙幣のデザインになったそうです。

ここでは、お昼食となり、可愛い小動物が出迎えてくれました。

ナキウサギ

     ナキウサギです。保護色でわかりにくいですね~
      ウサギというより、ハムスターのようですが、高い声で鳴くのです。


リス1

リス2

      すっかり、カメラ目線でいてくれるリスちゃんです。


このモレーンレイクですが、10月中旬より雪が降り、道路が閉鎖されます。

そして、翌年の5月下旬に開通するそうです。

日本から、GWに訪れても、観光することが出来ない湖です。

短い期間のオープンと、一番人気の湖のためか、非常にパーキングが混んでいます。

レンタカーで来ていたら、駐車が出来なかったかもしれません。

車を遠くに止めて、かなりの距離を歩いている人が大勢います。

でも、駐車場に問題があっても、この湖の景観は、素晴らしいです。

ここで、おにぎりを頬張る幸せ、あ~最高ですぅ


今回は、ここまでに。。。

次回は、エメラルドレイクで、カヌー体験です。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

カナディアンロッキーの旅 その4

カナディアンロッキーの旅、8月13日、二日めの続きです。


コロンビア大氷原の観光も終わり、ミニバンは、バンフへと戻ります。

バンフでの下車は、どこでも良いそうなので、

私達は、バンフのダウンタウンを抜けたサルファー山までお願いしました。

ここから、ゴンドラに乗って、山の頂きからバンフの街を一望しようと

したのでした。

ゴンドラは、夕方からの方が空いているうえ、午後6時以降は、お安くなります。

$3(カナダドル)くらいですが。。。

ゴンドラの写真はないのですが、結構な高さを上がっていくので、

ちょっと怖いです

サルファー山からの眺め

サルファー山からの眺め1

サルファー山からの眺め2

サルファー山からの眺め3

デジカメの望遠で撮ったことと、夕方の光があまり良くなくて、写りの悪い写真ですみません。


川は、ボウリバーです。

この川の源流が、ボウレイクで、同日のツアーで立ち寄った湖でした。

お城のような建物は、フェアモント・バンフスプリングスホテルです。

バンフを象徴する最高級のホテルだそうです。

サルファー山には、階段になった遊歩道があり、そこを巡っている途中に、

リスやナキウサギを見る事が出来ます。

私達も、ナキウサギを目撃しましたが、遠いうえに、岩との保護色で、

写真に出来ませんでした。(でも、翌日のツアーで撮影できました!!)

遊歩道を一巡し、ゴンドラで山を下り、路線バスRoamで、ダウンタウンに

戻っていきました。 ふぅ~、お腹が空いた~。。。 


今晩は、ブリティッシュ・パブに行こうと、昨日、通りを散策していたときに、

お店をチェックしておきました。T氏が、ですが。。。。

ここバンフは、イギリスの文化圏です。

カナダでは、イギリス・フランスに統治されていたので、全ての文書は、

英語・フランス語を、同等に表記しなければいけないそうです。

バンフは、カナダの西側よりなので、イギリスの影響が大で、

東側は、フランスの影響が大だそうです。

イギリスにいたことのある私達にとって、どこか、ちょっと懐かしい感じの

パブです。

まずは、ビール

まずは、ビールなのですが、暮れなずむバンフ・アベニューに、

見入ってしまっている私です。

スープとサラダ フィッシュ&チップス

右は、フィッシュ&チップス、イギリスを代表する国民的料理です。

これに、ビネガーをたっぷりと振りかけて、食すのが、イギリス流なのです。

渡英当初は、ビネガーなしで食べていた私達家族でしたが、

いつしか、すっかりとハマり、ビネガーなしでは物足りなくなってしまいました。

この店は、午後10時から、ロックバンドの演奏があるのですが、

私達は、明朝もツアーがあるので、そこまではいられませんでした。

ローズ&クラウン

Rose & Crown
202 Banff Ave
Banff, AB T1L

店の前に、路線バスのバス停があります。

バスを待つ間、隣で弾き語りのお兄さんがいまして、

T氏は、”オーバー・ザ・レインボー”をリクエスト

弾き語りのお兄さん

一生懸命、明るく唄ってくれました~

朝からめいっぱい、充実した長い二日めの一日が、終わろうとしています。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

カナディアンロッキーの旅 その3

カナディアンロッキーの旅その3は、2日めの8月13日の続きです。

お昼を、ペイトー湖を見下ろしながら、おにぎり弁当を食した私達は、

ウォーターフォウルレイクに立ち寄りました。

ウォーターファウルレイク

きれいな三角形をした山と湖の対比が素晴らしいです。


クロッシング

ここは、クロッシングという場所で、大型バスが立ち寄るドライブインですが、

バックの山々が、なかなかのものです。


ウィーピングウォール

ウィーピングウォール、すすり泣きの壁とは、言い得て妙、

少し水量が少なくて、泣き止みそうでした。



さあ次は、今回のツアーのハイライト、コロンビア大氷原、アサバスカ氷河です。

氷河は、150年前は、この道路の手前まであったそうですが、年々縮小して、

かなり後退してしまいました。

大氷原1

アサバスカ氷河は近年年間2mから3mのペースで後退を続けている。さらに、この125年で1500m以上も後退し、氷河の体積も、その半分以上が失われたことで知られている。このように、急速に縮小を続けている氷河であるため、あくまで参考値でしかないが、2012年現在のアサバスカ氷河は、全長がだいたい6kmで、約6km2の面積を持ち、氷は90mから300mの厚みを持った場所が存在していると見積もられている。   ~Wikipediaより抜粋

環境変化のため、急速に縮小していく氷河、10年後・20年後には、氷河観光は

出来なくなるかもしれない。。。と、ガイドさんのお言葉。そうなりませんように。。。


大氷原2

氷河には、まず、専用バスにて、氷河近くまで行き、そこから、雪上車に乗り換えます。

雪上車に乗り込むと、すぐに、谷底へと急な坂を、ゆっくりと降りていきます。

アサバスカ氷河に到着です。

大氷原5

大氷原7

大氷原4

晴れていても、氷の上ですから、寒い、寒い
     日本のみなさん、しばし涼んでください。。

氷河の水、わかりますでしょうか?

この水を一口飲むと、10歳若返るそうで。。。みなさん、ペットボトルで汲んでおりました。

お味は、冷たくて、無味だったような。。。うろ覚えです。

ここには、写真には写っていませんが、大勢の人、いったい何か国の人がいたのでしょうか?

大氷原6

これが、雪上車です。1メートルほどある大きな、がっりとしたタイヤでした。


このツアーは、大氷原を最後に、バンフに戻ります。

私が想像もつかないくいらいに長い長い時を経て出来た氷河、その上に立ち、

その氷河の水を口にすることも出来て、とても貴重な体験でした。

とっても満足出来て、この場所に来れて、良かったと思います。


次回に続く。。。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村



カナディアンロッキーの旅 その2

二日めの朝、ホテルの近くを散歩しに行きました。

朝の風景

どこも、絵になる風景です。

あざみ チングルマ

あざみと、黄色の花は何かしら? キンポウゲのようです。

朝のちょっと冷えた空気を吸い込んで、爽やかな気分になり、ホテルに

戻りました。そうそう、このFoxホテルは、朝食が無料なんです。

ただ、ワッフルや甘いパン類、ヨーグルト、フルーツのみです。。。。ちょっと飽きる。。。




9時にホテルに、コロンビア大氷原のツアーのバンが迎えに来てくれます。

このツアーには、昨日出会ったKさん母娘、二人のOLさん、3歳の女の子連れの

ご家族、ジャスパーまで行かれるという大氷原下車の男性と私達の10名に

ガイドさんという面々で、出発です。みなさん、日本から来られていて、

あの猛暑が嘘のようなこのカナダで、ひとときの涼と素晴らしい景観を味わいに

来られたようです。

車窓より 1

車窓より 2

車窓より 3

車窓より 4

どれも、車窓からだったと思うのですが、山の名前とか湖の名前がわかりません。
     写真に夢中になると、ガイドさんの説明も聞いていられなくて。。。

ようやく、下車観光のボウレイクに到着。

ここは、バンフに流れるボウリバーの源流の湖です。

ボウレイク1

ボウレイク2

ボウレイク3

ボウレイク4

ボウレイク5

ボウレイク6


氷河が流れて出来た湖は、その湖によって、湖水の色が違います。

それは、氷河に削られた岩の粉・ロックフラワーの量によって、色の

違いが出るそうです。青く見えるのは、光が跳ね返ることによるそうです。

次は、ペイトー湖にて、昼食です。

ペイト湖 1

ペイトー湖 2

ペイトー湖 3

ペイトー湖 4

ペイトー湖では、湖を見下ろしながら、手作りのおにぎりとケーキにみかんが配られ、

気持ちの良い風景の中、お昼を食べることが出来ました。

おにぎりの美味しいこと。。。やっぱり、日本人は、アウトドアでは、おにぎりですかね。。。



長くなりましたので、次回に続きます。。。

今度こそ、大氷原です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

カナディアンロッキーの旅 その1

カナダより帰宅後の翌日、ロッキーの山や湖のことを思い出に浸りつつ、、

朝のお茶を愉しんでいます。。。

お茶時間


紅茶は、フェアモント・バンフ・スプリングホテルのオレンジペコ・エンプレス

お菓子は、機内サービスで出されたクッキーが美味しかったので、同様の

ものを、バンフのスーパーで購入しました。どちらも、美味しい~、私好み

フェアモントの紅茶 クッキー

お土産も、食べ物ばかりですが、いろいろと。。。。

カナダのお土産

メープルシロップはカナダ土産で有名ですけれど、手前の二袋の

サーモンジャーキーもちょっと変わっていて、美味しそう

それでは、ここから、時間を追って、ロッキーの旅を綴ります~


         


ロッキーの旅の初めは、ロサンゼルス空港を8:50発なので、

早朝5:45に家を出るという、ちょっとハードなスケジュール。

カルガリー空港まで、およそ3時間。時差も1時間なので、身体的には、

楽~であります

ローコストキャリアのWEST JETですが、飲み物とお菓子の

機内サービスもあり、受託手荷物も1個まで無料という、

かなり良いサービスです。

出発がおよそ50分、到着が40分ほど遅れて、カルガリー空港に到着。

今回の旅は、バンフトップツアーにいろいろとお願いしております。

空港の送迎も、そこのガイドさんと待ち合わせをしているので、

飛行機の遅れが心配でした。でも、ゲートを抜けて、待合い席に行くと、

ガイドさんが笑顔で迎えてくださいました。

ここで、日本からいらしたKさん母娘と相乗りで、バンフまで、

およそ1時間半ほど。。。この後、Kさん母娘とは、二つの観光ツアーでも、

ご一緒になりました。

車窓から

バンフに近づいた付近の風景です。

ロッキーの山々が見えてきたら、もう待ちきれずにシャッターを

切りました。。。。車窓からなので、写りがイマイチ。

午後3時頃、ようやく、これから4日間滞在するFox Hotel & Suitesに到着。

Fox Hotel

階段 部屋ナンバー

部屋1 部屋2

Fox 1 Fox 2

私達が泊まった204号室は、1階がLDKで、階段を下りた半地下が、

ツインベッドとバスルームになります。

部屋の照明には、ホテルの名前にちなんだFoxがおります。。なんか可愛い~

バンフのダウンタウンまで、歩いて15分ほど。。Roamという路線バスが走っていて、

ホテル前にバス停があります。ホテルから、チェックイン時に、バスの無料パスが

もらえるので、便利です。ただ、路線バスは、1時間に1本ほどなので、時間を

確認しながら、行動しなくては。。。

ホテルでしばし休んでから、バンフのダウンタウンまで、歩きながらの散策。

夏は日が長く、夜9時頃までは、明るいので、一日めいっぱい遊べます。

バンフ大通り

メイン通りのバンフアベニューから、カスケード山を臨んで。。。


パフォーマンス

可愛い女の子達の路上ライブ

バンフの教会

可愛い教会もありました。  山をバックに、いかにもカナダらしい

ウキウキしながら、通りを散策し、スーパーを見つけたので、

さきほどの食料品のお土産を購入したのでした。
    お土産は、買える時に、早めに買っておかなければ。。。案外、時間はないものです。


お昼を食べ損なってしまったので、お腹が、もうペコペコ。。。

晩ご飯は、日本食レストラン・杉乃家にて、アルバータ牛のステーキを

食べることにしました。

アルバータ牛のステーキ

飲みかけのビールもあります(失礼)が、アルバータ牛の定食です。
   いつもビールの誘惑に負けて、写真を撮るのを忘れちゃうのよね。。。

ここには、生ビールがあり、、アメリカでは、そうそう生ビールは飲めないので、

T氏は感激しておりました。

お肉は、ガーリックバターでミディアムレアで焼いてもらい、ポン酢をつけて

食すのが美味しいそうです。確かに美味しくて、もう一度、最後の夜に来てしまいました。

ステーキハウスも考えましたが、現地のステーキは、日本のような霜降り肉では

なく、赤身が普通なので、日本食レストランとなったのでした。(正解~!)


食後、まだまだ明るく、最終日に予定している釣りの許可証を求めて、探し回りました。

公園事務所で買うつもりでいたのに、6時で閉まっていたので、

スポーツショップで買えるとのことで、店を探し、迷いながら、なんとか購入。。。。

ボウリバー2

ボウリバー 1

このようなボウリバー沿いで、T氏は、フィッシングするそうです。

私は、ぼ~とするだけですが。。。

宵闇が近づいてきて、帰りは、路線バスを使って、ホテルに帰りました。




続く。。。。

次回は、コロンビア大氷原ツアー、いよいよ、素晴らしい景色とのご対面です。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村



帰ってきました~♪

昨夜、ほぼ日付けが変わるような時間に、カナダ、バンフより、

無事、帰ってきました~

心配だった植物達も、みんな無事に、私の帰りを待っていてくれました

三期めの薔薇

花を咲かせて、待っていてくれた、可愛い薔薇~

まだまだ、片付けなければいけないことが、たくさんあるので、

明日から、少しずつ、旅行記を綴っていきます~


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

留守中は、水遣りが心配で。。。

12日月曜日から、4日間、カナダへ旅行に行くので、

ずっと、植物のことが心配でした。

今日は、なんとか、4日間を乗り切ってもらうために、

植物達を切り戻して、可愛そうだけど、花もカットしました

出来るだけ、株に負担を掛けないためです。

   花や蕾があれば、そこで、株の栄養を使ってしまいます。
   水遣りが出来ない期間、なんとか手持ちの栄養で乗り切ってほしいのです。  



ほんとに、思い切って、カット…し過ぎかも

ポテトブッシュ

ビフォーの写真を撮っておけばよかった。。。


こちらは、ビフォーの写真。好きなように、広がり過ぎ~

ゼラニウム ビフォー

アフターの写真

ゼラニウム アフター
 
コンテナーが見えるようになって、すっきりしました~

花がなくなって、すっかりと淋しくなってしまった、我家のパティオですが、

この子は、蕾を、こんなに蓄えていました。

蕾がついたバラ

もう3回めの蕾をたくさんつけた、薔薇

私の帰りを、なんとか、待っていてほしい。。

いろいろ、いろいろと調べて、

留守中の水遣り、ネットで検索して、こんな方法をとってみました。

自動水遣り

果たして、上手くいくのかどうか、試してみます。

出掛ける前に、植物達は、全て、日蔭に移すとして、

なんとか、4日間を乗り切ってくれるかしら

頑張って~



ふぅ~
、一仕事を終えて。。。

今日のお茶

ハーゲンダッツのアイスクリームがSaleになっていたので、

私の好きな、ラムレーズン ラム酒が大人の香り~

さっぱりと麦茶で、美味しいな~


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

今日のお茶時間~カップの忘備録16

このところ、紅茶党の私でしたが、

今日は、なんとなくコーヒーの気分でした

コーヒーに合いそうなカップは

タスカン カップ

紅茶の国、イギリスのタスカンのカップですが、雰囲気がコーヒーにも

合いそうな感じがします。一目見たとき、更紗の文様を思い出しました。

東洋的な感じもします。

ソーサー バックスタンプ

タスカンは、1898年創業した陶磁器メーカーで、1978年にウェッジウッドに買収。。
    そのウェッジウッドも、経営破綻して。。あれれ、その後は、なんとかやっているはず。。。
    でも、タスカンという名前は、バックスタンプから消えてしまったそうです。



よく見ると、水色の唐草のような部分は盛り上がっていて、一部はハンドペイントの

ようです。

また、持ち手の部分、プリントし難い部分なのですが、

ここも丁寧に絵付けされています。

最近の大量生産のものとは違うな~って思います。


持ち手1 持ち手2

このタスカンのC&Sは、ハンディントン・ビーチのアンティークショップで

購入しました。去年の5月に、$12$10で購入と、メモあり。。。



今日のお茶 コーヒータイム


コーヒーは、スマトラコーヒーで、深いコクがあり、酸味を感じません。

これは,私好みのコーヒーでした

コーヒーのお供には、ビスコッティー。

ビスコッティー

1本が20カロリーだというので、買ってみました。

バターが入っていないので、カロリーダウンできるのでしょうか、

3本食べましたが、良い感じのボリュームです。

お値段、ちょっと高めの$4.99。材料が良いなら、納得のお値段です。



カナディアンロッキーの現地ツアー、最後の枠ということで、なんとか希望する予約が
とれました。
ハイシーズンでガイドさん不足ということで、主人のお楽しみにフィッシングは、
残念ながら、予約とれず。。。私も、そこそこフィッシングは楽しみにしていたのだけど。。。
もう少し、考えてみましょう。。。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

夏旅行はカナディアンロッキー

来週から、カナダに行ってきます

カナダ地球の歩き方

カナディアンロッキー、バンフにて、3泊4日の旅です。

カナディアンロッキー

山も湖もとっても美しい~

こんな景色に出会えるなんて。。。



でもね~、飛行機とホテルの予約完了したら、現地ツアーの予約はのんびりと

構えてしまって。。。

一週間前になって、そろそろ。。。と申込みをしようとしたら、

その期間は、大変混んでいるとかで、しばし調整させてください。。。とのこと。

ガ~ン、甘かった~

日本の皆様、お盆期間の夏休みですもの、たくさん、いらっしゃるのね。。。

メールで希望を伝えて、お返事待ち。。。。どうなる~ 



おまけ

昨晩も、本マグロを頂きました

本マグロ

     左端はヒラマサ、あとは、大トロです。
     以前に、人生で一番美味しいと記述したのに、こちらも、甲乙つけがたい。。。
     なんと、贅沢。。。


今シーズンは、メキシコ湾で、ヒラマサが大漁だそうで、

まさか、本マグロも、こんなに食べることが出来るなんて。。。

釣り さまさまデス



カナディアンロッキーでも、最終日に、ミネワンカ湖で、ボートフィッシングを

する予定。私は、おつきあいですけれどね。。。

大自然の中、釣りに興じるのも、おもしろいかもしれません




にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

富士山文様に魅かれて

富士山は、日本人にとって、心の故郷のような山。

世界遺産にも登録され、ますます世界中の人にも知られるようになりました。

陶磁器においても、富士山の文様は、多数描かれ、輸出され、海外でも

人気があったことが、伺えます。

金盛富士山文様 三つ脚ボール

   
   これはとても、日本的な文様です。
   ススキに千鳥、花に竹、瑞雲に富士と、おめでたいです。、
   小さな直径7センチほどの三つ脚ボールです。
   バックスタンプを探しても、わからず、輸出向け磁気の
   志水禄之助商店で、同じ文様のものを見つけました。
   バックスタンプが違うので、ほかのメーカーだと思います。


三つ脚ボール


もうひとつ、色が違いますが、同じ文様です。

富士山文様 ソーサー

富士山文様 C&S

   こちらは、背景が黒なので、モダンな感じがします。
   バックスタンプから、松風陶器という、輸出向き磁器製造の会社でした。
   こちらも、全く同じもので、志水禄之助商店のものがありました。
   この購入した方の絵付けは、雑で、B級品のようにも思います。




どちらも、第一日曜の地元のアンティークマーケットで出会いました。

三つ脚のボールは、中欧出身のような感じの母・娘さん(二人とも超美人!)のところで、

$20にしてもらいました。

おめでたい柄なので、お正月やひなまつり、ハレの日に活躍してくれると思います。


C&Sは、いつも出店しているおじさんのところで、$7の値札がついていました。

T氏は、このカップが気に入って、自分用にしたいというので、

$5にしてもらいって、購入。

やや男性的な感じがするので、私よりは、やっぱり、T氏が使う場面が多いかな。。。

   しかし、T氏はアルコールばかりだけれど。。。


この子達は、いつか、私達と一緒に、日本に里帰りしましょうね 



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

ラブリーなポストカード

今日は、ちょっと可愛い素敵なお店の、年に2回行われるPeddler's Marketに

行ってきました。

Peddleとは、行商という意味だそうで、お店の前には、100ほどのテントが

立ち並んでいました。

Peacemakers

Peacemakers


カリフォルニアらしくない、東部のような雰囲気のお店です。

キルターのお店として、各種の布やクラフトの材料を売っています。

店内

優しいおばあちゃま達が、スタッフとして働いていらっしゃいます。

それが、ここのお店らしくて、ほっこりとします。



本日のマーケットで、購入した天使ちゃん達 

未使用品もありますが、およそ100年前のポストカードです。

天使1 天使2

天使3

天使4 天使5

天使6 天使7

天使8 天使9

いろいろな天使ちゃんがいて、どの子が一番なんて決められません。


天使も可愛いですが、子供達も、もちろん可愛いです

子供1 子供2

子供3 子供4

この頃は、みなさん、手紙や葉書を、よく書いていたのですね。

素敵なイラストとともに、気持ちを伝えようと。。。

筆不精な自分を、ちょっと反省。。。



アンティークのポストカードは、手軽な価格なんですが、

今回は、全て$1eachで、しかも、こんなに私好みのカードが

たくさんなお店は、初めてでした。


可愛いポストカードを見て、ひとり、にま~としている私なのでした



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

懐かしのパンプリンと青空

このところ、それほど暑過ぎることもなく、快適な気候の

カリフォルニアでございます~ 日本の皆様には、申し訳ないですが。。。

そんな快適な日は、パティオでランチが恒例です。

ランチというよりは、ティータイムに近いのが、私流。。。

ちょっと、ボリュームのあるパンプリンを作りました

簡単なんです、だから、息子達のおやつにも、よく登場してました。

特に、次男は飽きるほど、食べさせられたかも。。。これも、お袋の味になるかな~

そして、手軽な材料なので、初の海外生活であったスコットランドでも、

よ~く作っていました。

今日は、ほんと、久しぶりに登場~

パンプリン

調子にのって、レーズンのせ過ぎ。。。レーズン大好き

簡単なので、レシピを載せちゃいます~(いらんお世話かしら?)


パンプリン

まずは、24~5センチ、深さが4~5センチあるような、耐熱皿を用意します。

(材料) 食パン(6枚切り)    2枚
     フルーツ缶(黄桃など)  1缶

     ☆レーズン        適量
     ☆グラニュー糖      60g
     ☆卵           3個
     ☆牛乳          300CC
     ☆バニラエッセンス    少々

     シナモン         出来上がりにお好みで


①食パンはミミを落として、(私は、そのまま)1、5~2センチ角に切る

②フルーツ缶は、中身をスライスする。(スライスされた黄桃が便利)

③☆印の材料を混ぜ合わせる。(菜箸でOK。砂糖も、好みの分量で)

④耐熱皿にクッキングシートを敷き(私は省略)、切ったパンを並べ、
 その上に、スライスしたフルーツを並べ、混ぜ合わせた☆印を全体に
 かける。

⑤170度のオーブンで、40~50分、焼く。

⑥竹串をさしてきて、卵がくっくようなら、追加で10~15分、焼く。
 その際、焼き色が強くなり過ぎるのを防ぐため、ホイルをかぶせる。

⑦食べる前に、お好みで、シナモンを振る。
 今の時季なら、冷やして食べると、美味しい~



パンプリン 一切れ

十分に冷やして、パティオのパラソルの元、いただきました~

今日のランチ

ふと見上げた青空が、なんとなく良かったので。。。

青空

青空も、ご馳走のうちかな


追記 レシピ⑥を書き足しました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

行き当たりのウォーキング ♪

いつものウォーキングのコースを、今日は、ちょっと変えて。。。

一人だし、ご近所の散歩ということで

全く、コースも考えずに歩きだし、アメリカの鉄道でも。。と、

線路に向かって、テクテク…行きは、ヨイヨイでしたよ

もっと近いと思っていたのに、けっこう遠い

あら、なんだか、良い香りが。。。

ハニーサックル

    たぶん、この花からの香りだと。。。ハニーサックルかな? 自信ないけど。。。


ランタナ
     
     道端に咲くランタナ。。。以前、家でも、ピンクのランタナを育てていたけれど、
     けっこう、強烈な匂いだったんです。 でも、このランタナはあまり匂わないみたい、
     品種が違うのかしら??けっこう、可愛い



農作業風景

     農作業風景。。。何をしているのかなあ~



バイクルート
 
     バイク(自転車)ルートの始まり。今度、来てみようかな。。。


そんなこんなで、ようや~~く、到着

踏切り

たいした目的地ではないですが、電車の通過でも見れたらと思いまして。。。

でも、歩いている途中、遠くに、電車が通過していくのが見えました。。遅かったか。。

もう、当分、電車は来ないので、堂々と中央で写真撮影

線路

    どうってことのない、ただの線路です(笑)



ふぅ~、ここで、およそ30分、そろそろ、戻らなくては。。。

行きはヨイヨイ、帰りは。。。。

なんだか、いつものウォーキングコースより、よっぽど疲れました

帰りが遠かった。。。


バイクロード

木立ちの中バイクルート。やっぱり、今度は、自転車で来てみよう



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
プロフィール

whiteviola

Author:whiteviola
2015年末、アメリカから日本へ戻ってきました。息子達も独立し、夫T氏と日本での二人暮らしの50代主婦です。
ほとんど、おひとり様の毎日ですが、普通の生活に感謝しつつ、プチハッピーを感じていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。