スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義両親に会いに行きました。

日本に一時帰国して、早2週間になろうとしています。

本日、T氏は帰米し、また6月の終わりに、日本出張と戻ってきます。

私の方も、ホテル住まいから、次男宅に居候となり、PCがようやく身近になりました。



ところで、今回のように、T氏と一緒に一時帰国をしたのは、初めての事でした。

夫婦で揃ったので、T氏の両親にも、この際に会って来なければと、

特に、義母は先月膝の手術をして、先日、退院したばかり…

もう89歳になるので、会うことが、何よりの親孝行と思っています。





新幹線で、一路、山形へ。

山形1

駅には、お義姉さん夫婦が、迎えに来てくれて、

早速、お蕎麦を食べに行きました。

そばや

ここは、一年前に行った天童温泉にある、水車そばです。

     写真を撮らなかったので、去年の画像を使い回し。。。

お蕎麦の画像もお借りしました(拝)

鳥中華 板そば

上:鶏中華     下:板そば

この2種をT氏とシェアしました。板そばは、一枚が二人分ほどあります。

そばは、固めな田舎そば。

人によって、そばの固さには好みがあるものですが、私は、この固さが好きです。

そばのつゆも、二つお願いしたところ、追加料金もありませんでした。

深大寺のそばは、二人で分けるので、つゆをお願いしたら、追加で50円課せられたので。。。

そばの味も違うけれど、そこが、東京と山形の違いかな~

鶏中華は、天かすがのっていて、こってり系のお味でした。

美味しかったけれど、半分ずつで、ちょうど良かったように思えます。

お義姉さん達は、鶏中華がお好きなようで、それが食べたくて、このお店にしたようです。

お土産に箱入りのものがあり、お義姉さんが、私達に渡してくださいました。

お土産

次男が好きそうなお味なので、とっても喜ぶでしょう。




その後、T氏の実家へお義母さんのお見舞いに行きました。

一月ほど入院されていたので、少々心配でしたが、とってもお元気でした。

何よりも、89歳にして、この一年の間に二つも手術をし、乗り越えたことに

拍手を送りたいほどです。それも、お義母さん曰く、我が長男の結婚式に

出席したいからだとか。。。。孫可愛さに、頑張れるものなんですね

長男よ、もう少しペースをあげて、結婚の段取りをとっておくれ。。。。




T氏は、今回は両親に、今後のことを尋ねるつもりで来ました。

お二人とも、まだこの家を離れたくないという希望で、それならば、

毎冬問題になる、小屋の雪囲いのことを切り出しました。

小屋の中には、古いもの・使われていないものがたくさんで、

不用品のための小屋となっても、処分の決心がつかず、取り壊さないでいました。

ただ残しておくには、雪の重みに耐えられない古い小屋なので、

毎年、無駄と承知で、お金を払って、大工さんに雪囲いをしてもらい、

小屋を保存していました。

今回、お義母さんにも納得をしてもらって、冬前に、小屋の中のものを移動して、

小屋を潰すことにしました。

お義母さん自身も、「断捨離をしなくてはいけない」と言っていました。

すごい、断捨離って言葉が出てくるなんて。。。。

モノの整理については、まだ課題として残っていますが、お義母さんの気持ちが

整理に前向きになっていることが、一つ前進したと思っています。

私自身も、日本に帰国となったときに、大きな整理をしなくてはいけません。。。

明日は、我が身です。




このような話もしましたが、次男のお宮参りのビデオなどを見て、

忘れかけていた頃を思い出させても頂きました。

このビデオは、日本には残していますが、もうずっと見ていません。

次男はお宮参りの晴れ着を着て(親子で着用したもの)、大人しくしているのに対して、

長男ははしゃぎまくって、自分に注目を集めようとしている幼さが、

可笑しくて、みんなで大笑いしました。


お義父さんは、私がお義父さん宛てに出した家族の様子を書いた古いメールを

プリントして、ファイルにしていました。

それが我が家には残っていない貴重な息子達の思い出となっていました。

お義父さんは、「これは、いずれ、渡すからね」と仰ってくれて、

なんだか、とっても感動してしまいました。

息子達の成長の跡は、忙しさにかまけて、ほとんど残していません。

記憶もかなり怪しくなってきた昨今ですが、お義父さんの残してくれたメールを読むと、

記憶が蘇ってくるもので、本当にうれしく思いました。

有難い義両親です。




義両親とは、泊りは温泉宿にしましたが、二日半、ゆっくりとお話が出来て、

会えて良かったです。

この義両親のように、夫婦二人とも元気で長生きしていきたいと思いました。





個人的な家族のお話、おつきあい下さいまして、ありがとうございます。





にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村


にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最上のおもてなしでした。

別世界のような、日本らしい季節感いっぱいのおもてなしをして頂きました。

うかい竹亭

だいぶ前に、どなたかのブログで知っていて、いつか行きたいな。。。

なんて思っていました。まさか、いつかが今回となるなんて (((o(*゚▽゚*)o)))

なんて、ハッピーなの~







この門構えから、期待感が高まります。

素敵な仲居さんに案内されて、木々の間を抜けていきます。

うかい亭1

うかい亭2

うかい亭3


こちらは、永平寺から移築された建物です。

うかい亭4

山里の情緒を味わいながら、離れ家に着きました。

うかい亭22
帰り際に撮影したので、突然、夜の画像になっちゃいました



うかい亭13


床の間も風情たっぷり、和の趣き、落ち着きます。

掛け軸について、お伺いしなかったことが、悔やまれました。









笑顔の素敵なお若い仲居さん、接客も素敵です。

初夏を感じる懐石料理が、一つ一つ、運ばれてきます。

うかい亭6

藤の花をあしらった演出でした。

うかい亭7

この時季だからこそ、じゅんさい・ウニのせ


うかい亭8

御所車の膳に、四人分の前菜が彩り良く、並んでいます。

うかい亭9

中央より、時計回りに、

鱒木の芽すし、おくら才巻黄味酢、小芋の新引揚げ、小鯛の味噌柚庵焼き、
空豆みぞれ和え


うかい亭11

初夏野菜と蛤の椀

お碗も素敵だわー



うかい亭12

本日のお造り


焼き魚は、若鮎の塩焼きです。

うかい亭14

うかい亭15


これには、感動しました。

鮎は、我が家にとっては忘れられない味、日本にいた頃は、

釣り師のT氏が、毎年たくさん釣ってきて、当たり前のように

食してました。8・9月になると、飽き飽きするほどでした。

幼い長男は、魚を見れば、「鮎、鮎!」って叫んでました。

そんな贅沢な鮎の思い出が彷彿とされ、感激~と

気分が高鳴りました。



強肴(しいざかなと読みます。初めて知りました~!)は、

うかい亭16

うかい亭17

牛すき鍋です。

こちらのお鍋も、素敵だわー‼️





ご飯も、長野県佐久市の提携農家さんのお米。

うかい亭19

うかい亭18

こんな立派なお釜で炊いたら、美味しさは確定です。

これも素敵な演出ですね〜(^o^)



お食事の最後の水菓子(デザート)は、

うかい亭20


意外にも、洋風でした~(゚o゚;;

ムースのような、名前を失念‼︎





ゆったりとした食事が終わると、すっかりと夜となっておりました。

夜もまた昼間と違った趣きがあります。


うかい亭21

うかい亭24

うかい亭23

夜は、幽玄な世界にに変わります。





季節を大切にするお料理、風情ある佇まい、おもてなしの心尽し、

どれも、たっぷりと堪能させて頂きました。

アメリカでは味わえない、非日常的な和の世界でした。


お招きして頂いた方達に感謝の気持ちで、いっぱいです。

ありがとうございました。


素敵連発の私でした~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

さて、私は何回、素敵を言ったでしょうか…(何も出ませんが…)


緑豊かな深大寺~日本滞在

日本滞在中の第一週めの金曜日、今までお仕事モードのT氏も

ようやく休暇モードになって、滞在先ホテルからほど近い深大寺を

訪れてみました。


深大寺、頂いた散策マップによると、

天平五年(733)聖武天皇の御代に、満功上人によって建立され、
縁結びの寺として有名である。
その後、天台宗に改められ、近隣七ヶ村を寺領とし、
江戸時代に家康から50石を寄進され、幕末まで継承された。


数年前に、NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」でも、有名になった地ですが、

寺社周辺が、こんなにも緑豊かなところだとは…

深大寺11

深大寺10

深大寺9

深大寺12


深大寺7

深大寺6

深大寺5



折しも、風爽やかな天気に恵まれた平日の金曜日、お元気な中高年で

溢れていました…自分達も同類ですが


深大寺1

深大寺8


また、深大寺は「蕎麦」でも有名で、私達の目的も、参拝よりも

そちらの方が、主と言えるかも…


深大寺3

林の中のお蕎麦屋さん 「玉乃屋」


深大寺4

注文したのは鴨汁そばです。

焼き付けた鴨肉とねぎの入った熱めのつけだれで頂きます。

その他にも、大盛りのもりそばも。。。。よく食べる夫婦なんです。





しかし、事前に調べていた通り、蕎麦には、ちょっとウルサイ私達には,

70点かな~という評価です。 いったい何様のつもり…生意気ですよね

蕎麦に関しては、山形を基準に考えてしまいまして、翌土曜日には山形に

行くので、食べ比べとなりますことやら…


深大寺は、神代植物公園と隣接しており、見どころも豊富、

今回はそこまで時間がなかったので、次回(って、いつになるか…)は

もっと一日掛けて、ゆっくりと訪れたいところでした。




にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

日本滞在1週め~慌ただしい日々

日本滞在、5日め、今日まで、あれよという間に時が過ぎてます。

今回は、PCを持参せず、ただ今、次男のPCより、更新してます。



今回の一時帰国の最大の目的は、アメリカビザの更新。

19日の9時半に、面接の予約をとっておりました。

写真撮影などは、一切出来ませんので、文章のみで、少し様子を

記載しておきます。。。。。興味ない方は、スルーしてくださいね!(^^)!



当日は、早めに滞在先のホテルを出たものの、電車の30分の遅れに会い、

途中駅よりタクシーで駆けつけるというアクシデント発生。

すでに、大使館前には、ビザ取得のための列が作られていました。

昨今の状勢で、かなり厳しいセキュリティーチェックがあります。

周囲のビルの屋上には、警官が警備しているのも確認しましたし。。。

携帯は、一人当たり1台までで、受付での預かりになります。

その他にも、ビザ面接の手順で事前に調べておかないと、

入館を拒否されることにもなり兼ねません。

実際に、入館を断られている女性もいました。

9時15分頃に到着したのに、入館出来たのは、10時頃。

予約の面接時間は、あくまでも目安で、その時間に面接が行われるわけでは

ありません。書類提出までは、ほぼ到着順ですが、窓口で番号を呼ばれるのは、

どういう順なのか、ランダムで呼ばれます。

私とT氏が呼ばれたのは、1時間後くらい(長かった~)、通常は、ここで

指紋登録をしますが、私達は、更新で、すでに登録されているので、

それは、省略されて、面接の列に並びました。

面接官(領事)の窓口が5つあり、空いた窓口に順次行って、質疑応答です。

並びながら、じっと見ていると、領事の人によって、窓口でのやり取りに、

だいぶ違いがあるように見えました。

この日の女性の領事は、かなり詳しく聞いてくるような感じで、そこの窓口に

行った人は、アンラッキーな様子でした~

私達を面接した領事は、フレンドリーな人で、T氏にはビジネス上のことを

聞いていましたが、私には、ただ一つだけ日本語で()、

「○○さん、あなたは、アメリカで働くつもりですか?」と、聞いてきました。

もちろん、「NO」です。 相手もNOを期待しているでしょうし、YESは、まずいでしょう。。。


時間はかかりましたが、比較的スムーズに終了し、通常は1週間ほどで、

サポートしてくれた業者さんのところに郵送され、内容を確認されてから、

私達に郵送されて来ます。   やれやれ、これで、 としました。






そして、もう一つの懸案事項の歯医者さんへの通院です。

これは、去年までお世話になっていた日本の歯医者さんが閉院してしまい、

紹介していただいた歯医者さんで、メールでやり取りをしていたものの、

実際にお会いするまでは、とっても心配で緊張しました~

でも、それが杞憂に終わって、安心しました~

センター北駅前歯科


通院も出来るだけまとめて、私の場合、滞在期間中の4回に収めてくれました。

一つ一つの治療行為が丁寧で、信頼出来る若き先生でした。

たとえば、詰め物の型取りをするのも、必要な歯だけでなく、上・下の全ての

型取りをして、噛み合わせも考慮の上、全体のバランスも加味出来るような

型取りをしてました。



メールで質問出来るのも、アメリカに住む私には、大変、ありがたいことです。

もう子供の頃の歯医者さんのイメージとは、違いますね。


アメリカの歯医者さんについては、私には最先端のイメージを持っていましたが、

実際、私の個人保険適用の歯医者さんは、設備が最先端という訳では

ありませんでした。

治療シートの脇には、排水の設備がなく、うがいも直ぐには出来ません。

多分、最先端の技術・設備を享受するには、とんでもない金額が掛かるはずです。

会社によっては、高額な治療をカバーしてくれる保険に加入しているところも

あるようですが。。。

そして、今回特に感じましたが、アメリカの歯医者さんは、攻めのタイプで、

少しでも、虫歯の疑いがある歯を治療しようとします。

一度詰め物を外して治療を施した場合、その詰め物の再使用は出来ません。

私の場合、その詰め物を外した場合、最悪な時は、その衝撃で、元の歯が

薄くなっているので、歯自体が破壊されてしまい、失っていしまう危険が

あるのです。

数年前から、その歯は問題視されていて、毎回レントゲンで様子をみて、

菌の進行を、いくつか日本の歯医者さんに診てもらっていますが、どの

歯医者さんも、「様子をみていきましょう。」ということで落ち着きます。

実際、今、痛いという状態でもないのです。

しかし、アメリカの歯医者さんは、2件の歯医者さんだけですが、

積極的な治療を提案してきます。

そして、びっくりするような金額の見積もりを出してきます。

私には、寝ている子を起こすようなことをしてまでも、危険を冒すつもりは

到底ないことですが、日米の歯医者さんの違いを感じました。

日本のように、健康保険制度があり、一定の基準・設備のある歯医者さん、素晴らしいですね~



今週末は、ちょっと素敵なところに食事に行きます。

また、T氏の実家、山形にも行き、義両親にも会ってきます。

いろいろ、予定は詰まっていますが、楽しみなことがほとんどなので~

記事にするのは、かなり遅くはなりますが、ゆっくりですが、

更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします~(*^▽^*)







にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

エスニックでおもてなし~♪

アジアンテイストの香りあふれる初夏のテーブルコーディネートが、

今回のテーマです。

コーディネートのポイントは、エスニックを思わせる自然色(アースカラー)

とそこに強い色同士の組み合わせ、白を少し入れることで、爽やかさも

プラスされます。

季節感を出すガラス器で、夏らしさも加えられています。

エスニックのテーブル

エスニック1

エスニックテイストには、たいがいの色の組み合わせ(3~4色まで)がOK

ですが、パステルカラーだけは、タブーだそうです。

迷ったら、黒や白を加えて使うと、失敗がないそうです。

ナプキンは、お皿の上か、フォークの左に置きます。

今回はフォークの設定がないので、お皿の左に。。。

エスニック2

象の小物は、ソルト&ペパーです。


エスニック3

多肉は、なんとフェイク!

どう見ても、本物にしか見えませんでした。

そういえば、ブロ友のshizuさんが、100均のフェイクの多肉を紹介されて

いました。リアルな感じだったな~~

食卓にのぼるものなので、土はです。





実際にお料理を盛り付けた様子の全体の写真、うっかりと

撮り忘れてしまいました~  あ~、なんたること


ヤムウンセン

ヤムウンセン: 春雨サラダ ナンプラー・レモンで味付け。タイ料理。


サティ風焼き鳥

サティ風焼き鳥: 串に刺すことをサティー、ピーナッツ・唐辛子味の2種。
           インドネシア料理。


レンコンのエスニック炒め

レンコンのエスニック炒め: 


ブリック風春巻きと手巻きカパオライス

左、ブリック風春巻き: ジャガイモをマッシュしたものに、半熟卵を春巻きの
               皮でサンドして、揚げたもの。
               ブリックとは、チュニジアの郷土料理。

右 手巻きカパオライス: タイ料理で、ご飯の上にお肉、目玉焼きをのせたもの。
                今回は、手巻き風に。レタスに、玄米、お肉を包んで
                いただきます。


パーソナルなテーブルは、このようになりました。

パーソナルなテーブル

お料理が盛られると、テーブルが一気に華やぎます。


デザートは、揚げバナナのアイス添え

揚げバナナのアイス添え

この白いお皿の縁には、花の形に盛り上げがあり、全体に粉糖が

ふりまかれ、上部中央には、イチゴも添えられています。  リースのようね~

素敵な演出です~

揚げバナナは、コーンフレイクを潰したものを衣としています。

カリッとした食感とバナナの柔らかさが、絶妙でした。



エスニック料理なんて、外食が当たり前と思っていましたが、

ナンプラーに、めんつゆ、酢、ハチミツなどでアレンジして、味付けることが

わかり、案外簡単に作れそうな気がしてきました。(そんな気だけ~

自分の家で再現出来るか、自信はないけれど、せっかくだから、今までの

テーブルコーディのうち、何か一つは実践したいと思います。

とはいうものの、日本から帰って来てからね。。。。。





この後、仲の良かったお友達との最後のお茶会。

文栄さんと

またまたスィーツをペロリ。。。。

先日の私のフラワーアレンジ、もう飾っていられないので、受け取って

もらいました。     お花達~、しばらく、Fさんを和ませてあげてね~

ハグして笑顔で別れたけれど、今になって、淋しいな~って気持ちが

込み上げてきます。。。。  

また、いつか、会えることを信じよう!!







にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

おつきあい下さいまして、ありがとうございます~♪


つかの間のお茶の時間~♪

今週は、なんだか曇りがちなお天気です。

そんな青空が見えない、ちょっと時間の空いた午前中、どうしても、あのお皿が

使いたくて、お茶にしました~

あのお皿とは、こちらです~

シェリー1


シェリーのプリムローズ、ディンティー型です。

あのシェリー祭りのエステートセールで、出会ったもの。。。

その少し前に、お友達二人から、誕生日のプレゼントに、プリムローズの

C&Sを頂きまして、トリオとして使えるようになりました。

こんな曇りがちな日だから、明るい黄色のプリムローズが、

私の気分もしてくれるものです。

シェリー3

シェリー2

やっぱり、トリオにすると、可愛さも   お得意の自画自賛~(^_^;)



なんだか、風も冷たいけれど、パティオでティータイム~

お茶時間

パティオの植物も、一部、お友達にお世話をお願いして、ぽっかりと空いた

スペースが。。。。(薔薇がいません~)

その穴埋めに、昨日のフラワーアレンジのブーケをテーブルにセッティングしました。

お花


そして、この子は、ドールティーコジーの第一作です。

ハーフドール1

ハーフドール2

Made in Japan のこの子は、なんだか、親しみやすい顔立ちです。


お菓子は、お気に入りのスーパー、トレダー・ジョーズのマカロン。

トレジョ。マカロン

マカロン

冷凍物だけど、私の中では、合格点~

6種類のお味があって、これは、黄:レモン、ピンク:いちじく、オレンジ:アプリコット。

他に、ココナッツ、ピスタチオ、塩キャラメルがあります。


紅茶

紅茶は、フォトナム&メイソンのロイヤル・ブレンド。

F&Mの紅茶、最近では、ウィリアムソノマにも置かなくなってしまいました。

やっぱり、アメリカ、特に、西海岸は、コーヒー文化です。



(おまけ)

先日、我家のクレマチスが小粒で、ブサ可愛いなんて言ってましたけれど、

訂正します~

クレマチス

こんなに立派に咲いています。。。。。ごめんね~、あの時は、まだ咲き初めだったんだね



この後、午後からは、

水不足だから、恵みの雨となりますか。。。。。

いいタイミングで、お茶出来ました。




明日は、テーブルコーディネート、その後も予定ありで忙しく、

日曜日からは、日本です。

しばらくは、パティオでのまったりお茶時間ともお別れです。

その前に、テーブルコーディネートの記事を書かなくっちゃ、出来るかな~







にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

おつきあい下さいまして、ありがとうございます~♪

5月のフラワーアレンジメント~♪

本日が、2回めのフラワーアレンジメントのクラス、

今回は、<爽やかなアイスグリーンのブーケ>がテーマです。

アイスグリーンとは、氷山の氷のような緑色を帯びた青緑です。



ブーケは、らせん状のスパイラルに作っていきます。

親指と人差し指を円にして花瓶の口に見立て、茎がらせんを描くように、

一定方向に束ねていく方法です。

このテクニックで作った花束は、花瓶に入れると花がきれいにラウンド形に

広がります。




<ポイント>

スパイラルを基本として高低差を出しながらざっくり、ふんわりと大胆に

活けていきます。ナチュラル感もでるように。。。


1.まず、中心となる花(紫陽花)を決め、その周りに花をらせん状になるように
  活けていきます。
  葉っぱは、殆ど処理する。(上部、少し残すくらい)

2.同じ場所で持ちます。←バインディングポイント
  親指と人差し指で円を作り、残り三本の指を曲げた形を保持するようにする。
  まず、円を作っている親指を開けて、花を円の中に入れる。
  次に、三本の指で、茎を押える。
  押える位置は、下から1/3くらい、上で押えると、ふんわりと活けられない。

3.束ねられたら、少し指を緩めて、空間を考えながら、形を整えます。


今回は、テープで留めました。ワイヤーですと、花持ちが悪くなるそうです。

一回では、要領がわからず、らせん状にも成り難く、三回花束の練習をしました。

それでも、紫陽花を中心にらせん状というブーケにはなりませんでした。

しかも、二の腕が疲れて来るし。。。


でも、この色合いは、とっても好みです。

こちらの先生は、ブーケにリボンワークをするのが、また特徴的だそうで、

私にとっては、初めての経験でした。


四苦八苦で出来上がりましたが、とってもボリュームのあるブーケとなり、

満足です~


私のブーケ1

<花材>
 紫陽花、アルストロメリア(グリーン・白)、カーネーション(白)、ポムポム(菊系)、
 スナップドラゴン(金魚草)、ガーベラ、チューブローズ(金魚草に似ている)、
 スプレーローズ

紫陽花の花の中に、カーネーションをアレンジしたところが、私のポイント~
リボンも三種使って、流れを出しています。





今回は、他の方のアレンジもお写真を撮らせて頂きました。

同じ花材でも、一つ一つ違い、リボンワークで、また個性が出ます。


アレンジ1

チュールレース、リボン共に白、白系にまとめていらっしゃいました。


アレンジ2

チューブローズからチュールレースが、右斜めに流れるようにして、

爽やかさを醸し出しています。水色のリボンもポイント。


アレンジ3

写真ではわかりづらいのですが、グリーンのリボンとスナップドラゴンが

呼応して、動きがすごく感じられるアレンジです。

紫陽花も、ちゃんと中央にきているなんて、すご~い



アレンジ4

ぼかしのリボンが、アレンジにカチューシャをつけているかのようで、

可愛らしいアレンジです。





リボンワークで、また一段グレードが上がるようで、とっても面白く感じました~

前回と同じメンバーだったので、打ち解けられて、とっても楽しかったです。



次回は、私の場合は7月。 日本から帰ってからのお楽しみ~

先生は、夏休みもクラスを開いて下さるので、うれしいです~





にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

おつきあい下さいまして、ありがとうございます~♪

新しいアンティークマーケットと美味しかったChili's レストラン

新しいアンティークマーケットの情報が、メールで届きました。

今まで、第一日曜に開催されていたアンティークマーケットが

なくなってしまった代りに、

第二日曜に、Mission Viejo のSaddleback College パーキングにて、開催。。。

早速、行ってみました~





まだ、あまり知られていないのか、パーキングもスムーズでした。

アンティークマーケット1

アンティークマーケット2


久しぶりの青空、暑いけれど、気持ち良いです~

日本人と、全く、出会いませんでした。。。。アジア人もいなかったような。。。

Mather's Day だったためか、女性向きの出店者ばかりで、

T氏にとっては、面白くなかったみたい。。。

シャビーシック調のガーデン用品、おもちゃ小物、アクセサリーなどの出店が

目立ったような気がします。

シェリー、ハーフドールなどのお目当てのものは、無し~

次回に期待して、こんな時もあって当然。。と思いましょう


アンティークマーケット3

生演奏なんかもあって、ぷらぷらと散策のつもりで、楽しめました~





お昼前には戻ってきて、ランチに、チェーン店ですが、チリーズに行ってみました。

チリーズは、T氏曰く、「マルガリータの種類が、たくさんある!」と。

急に暑くなって、この言葉に魅かれました~

フローズン・マルガリータ、美味しいのですよ~

日本にもあるようなので、ご存じの方もいらっしゃるかと。。。

チリーズ

  ウィキペディアより、画像をお借りしました~(拝)




暑い日の、愛しのフローズン・マルガリータ~

フラーズンマルガリータ2



お料理は、

料理2

ファヒータ    メキシコ料理で、小麦のトルティーヤにのせて供される、
          肉料理の総称

こちらは、炒めた玉ねぎ、ピーマン、エビ、そして、サルサ・サワークリーム・チーズ・

アボカドのソース、トルティーヤは、お替り自由です。

すごく、ボリュームがあって、$15くらいでした。



料理1

ハウスサラダ   二人分以上のボリュームがあって、$4もしませんでした。

トルティーヤにのせても、美味しい~



料理3

このように、お好みに自由に、ファヒータをのせて。。。




正直、チェーン店だし、全然、期待していなかったのです。

でも、お料理も美味しいし、スタッフさんも、すごく気持ち良い感じなんです。

フローズン・マルガリータは、一杯で、ちょうど良い気分~(私には。。。)

そして、お安い金額で、楽しめるんです~

家からも近いし、休日のランチに、これからも通いそうです。

ハッピーアワー(3時頃~7時頃までだと思う、表示がなかったので)は、

もっと、もっと、お得なお値段だそうです~





チリーズ、日本では、横田基地、横須賀、沖縄嘉手納など、

米軍基地内でしかないそうです。

エスコートが必要なようですし、まだ一般的ではありませんでした。






にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

おつきあい下さいまして、ありがとうございます~♪

友人初体験のエステートセールと出会ったもの~♪

もうすぐ、他国へお引越しのお友達。

目前の引っ越しの前に、エステートセールなるものに行って見たいとの希望、

いえいえ、私も行きたい病なので、2人で平日の木曜日スタートの

エステートセールへ



10時からオープンだったので、10分くらい前に到着したけれど、

すでに、人、人。。。

エステートセール2


エステートセール1

ノートに名前を書くのですが、私達は56番目め。。。

土曜日ばかり行っていたので、初日が、こんなに混雑することを、

今更ながらに知りました。

しかし、ここで、問題勃発~

私、ノートに友達の名前しか記入しなかったのです。

代表者のつもりで。。。

そうしたら、自分達の番が来たときに、友達だけしか入場出来ませんでした。

ものすご~い勢いで、「フェアじゃないから!」って、拒否されてしまいました。

としたけれど、しょうがない、私のミスだもの。。。。

友達がお家の中に入っている間、外やガレージ内は見れたので、

何かないかな~って、物色してました。

そうしたら、可愛いくて、しっかりした作りのバスケットを発見~

ロンガーバーガーという、コレクタブルなバスケットでした。

名前は知っていたものの、アメリカでも人気で、アンティークマーケットでも、

なかなかのお値段と聞いていました。

小さめなサイズなので、邪魔にならないだろうし、値段次第と思い、

聞いてみると、「$5!」と言われ、迷わずにお持ち帰りしました。



しばらくすると、友達も、何か抱えて戻ってきました。

やっぱり、ロンガーバーガーのバスケットを持ち、リヤドロのお人形と

フルーツを盛るようなお皿。。。

友達も、初めてとはいえ、勘所を押えた選択だと思います。


入場待ちの人もいなくなったので、私もお家に入ったけれど、

もう気になるものはありませんでした。


ロンガーバーガーのバスケットで、もう満足

お会計のとき、隣の女性が、ロンガーバーガーのバスケットが$5なので、

「信じられない~!」っていうような意味のことを言っていたくらい。。。

イマイチ、価値を良く知らない私には、そうなんだ~というくらいの

静かなリアクションしか持ち合わせていないけれど。。。



この後は、せっかくなので、近所のアンティークショップでアンティーキング

お目当てのアンティークを求めて、彷徨うことを、アンティーキングというそうです。


そこで、私は、さらなるものに出会ったのです。

先日のシェリーのディンティーブルーのケーキ皿に~

これで、トリオとして、使い勝手が良くなることでしょう~



に帰って来て、しっかりと写真撮影~

ディンティーブルーお皿

こうして、トリオになります。

トリオ

本当は、アンティークショップでは、お皿だけの単体での販売でなく、

C&Sとのトリオでの販売でした。 

でも、ちょっとお願いしてみたら、気さくに応じてくださいました。

これで、お一人様のお茶時間も、ますます楽しみになるというものです。

このカップはあと、もう一客あるので、ペアで使う時は、白いディンテイーのお皿で、

トリオとなります。




こちらがお値打ちのロンガーバーガーのバスケット

ロンガーバーガー1

赤のチェックの生地(ライナー)にプラスティックのプロテクターの

ついた完品です。

ロンガーバーガー2 ロンガーバーガー3

色が違って見えますが、同じ色の底部分です。

サインと2001と確認出来ます。(2001年製造ということです)

手編みで作られたバスケットは、100年はもつと言われるほど、

丈夫なんだそうです。

アメリカ駐在の記念として、みんながお持ち帰りになる気持ちが

よくわかります。

ロンガーバーガーは、現在も操業、本社がオハイオ州にあります。

本社は、バスケット型のビルディングです(笑)

本社

    画像は ウィキペディアよりお借りしました。  (拝)











にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

おつきあい下さいまして、ありがとうございます~♪

掘り出し物のワイルマンで~カップの忘備録55

お誕生日ウィークで出会ったカップ達、ご紹介続けま~す



セールのメール画像から、気になっていたこのカップ、

入場制限があったのにもかかわらず、幸運にも残っていて、

しかも、シェリーのカップの半額でした~

業者の人も、詳しい人はいなかったのでしょう。。。。

ワイルマン


この優しい雰囲気のカップは、ワイルマン

デイジー(Daisy)シェイプです。


バックスタンプ

バックスタンプより、1890~1910年製造ということが、わかりました。



少し、シェリー窯の概歴をいうと、

大原照子さんの「英国アンティーク」という本には、ランドル・シェリーという人が、

スタッフォードで始めたと書かれています。

1800年代には、フォリーという名称をつけて、1872年には、ワイルマンに変更。

1910年には、シェリー窯として、再スタートをします。

1925年には、社名を正式にシェリーとして商標登録をして、高い名声を得て、

ヨーロッパ各地、カナダ、アメリカに輸出されました。

1966年に窯は閉められ、他社に合併されてしまいました。


さらに、大原照子さんの説によると、シェリー窯は、二つのタイプに分かれるそうです。

一つは、アール・デコのスタイル。

もう一つは、優しい花や風景の絵柄。

材質は、質の良いボーンチャイナで、イギリスのボーンの含有率が普通、

35~50%ということなのですが、シェリーは52%で、

これが、薄手で華奢な焼き肌の決め手だそうです。





今週は、曇り空のカリフォルニアなので、の中で、ティータイム~


お茶時間

紅茶

マフィンに、リンゴジャムをトッピング、生クリーム(解凍出来てない)も添えて、

ドライクランベリーまで、のせてみたけれど、

あまり、美味しそうには見えな~い   ありあわせだもん。。。。


紅茶1

ピンクのぼかしのカップ、茶葉は、ニルギリ。



ハーフドール

本日のドールティーコジーのアップ。

人形は、顔が命~

こちらのお顔も、ずっと眺めていたいような。。。。あくまでも個人的趣味です~




シェリーのことを調べていたら、こんな本が欲しくなりました。

シェリーコレクター本

  画像は、Amazon usa より。。。(拝)



思案中。。。。。





にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

おつきあい下さいまして、ありがとうございます~♪

5/5  書道教室

前回より一週間後、5月に入っての1回めの書道教室がありました。

今回のお手本

漢字手本

書家米芾(べいぶつ)の草書四帖より。

(愛其有偏) 側之勢出


其の偏側の勢、二王の外に出づる有るを愛するなり  (意味不明だわ~


(ポイント)
四文字とも、一筆書きの要素で成り立っている。
一文字の中で、筆を用筆から離すことがないので、抑揚・緩急を上手く
効かせながら、決して力まず、気分良く書きとおすことが肝要。
その結果、それぞれの文字の中に現れる虚白が、原本に近い充実した虚白
(目に優しい印象)を作り出すことが出来れば、臨書として成功。
四文字の配字に気配りを。

前回と同く草書、なかなか一見では、右半分は、読めない文字です。

でも、草書は好きな書体なので、この抑揚・緩急は楽しそうにも思えます。



一回めの提出

提出1



二回めの提出

提出2

最後の文字「出」が、やや大きめということで、もう一度。



三回めの提出

提出3

こちらで、及第点でした。




続いて、かな

今回のお手本

かな手本

先生の直筆でなく、教本のコピーなので、実物大に比べると、やや小さくなります。

自分で、大きさを考えて、実際に書いていくのも、学びだそうです。

花の雲 鐘は上野か浅草か      芭蕉

花の雲 可(か)祢(ね)者(は) 宇(う)恵(え)能(の)可(か) あさく佐(さ)閑(か)




提出

かな提出

やはり、もう少し、大きめに書くことを指摘されました。

まだ、練習が足りませんね。

ここで、時間切れ。



ふ~、結構、真剣に書いているので、終わると、ため息が出てきます~

自分でも、こんな集中出来ることが意外で、うれしくもあったりします 




私の次回は、7月。

日本へ行くので、しばらくはお休みです。。。。






にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

おつきあい下さいまして、ありがとうございます~♪

5月のお花達~♪

久しぶりのガーデニング~

葉っぱの整理をしたり、鉢を入れ替えたり。。。

もうすぐ日本へ行くので、お友達に、水遣りをお願いはするのですが、

鉢の数を減らしたり、整理したり。。。

あれこれとやることは多く。。。


そうして、少しさっぱりとしたお花達です。

あじさい1

あじさい2

あじさい3

我家に来て、二年めの紫陽花。

強剪定を、たまたま適切な時期に出来た為か、今年は、たくさん花芽をつけてくれて、

今を盛りと咲いてくれています。

だんだんと、ピンク色が濃くなってくる変化が楽しい、紫陽花です。



バラ

フロリバンダ系のローゼンバーグ。。。確か。。(^_^;)

垂れ下がっていた花を下から上に向かって、パチリ

なんだか、明るい表情に見えました。



クレマチス1

クレマチス2

我家のクレマチス、地味めな子です。お花も、ちょっと歪んでいる。。。。

私にとっては、ブサ可愛いかな~(笑)



アルストロメリア1

アルストロメリア2

アルストロメリアも、三鉢に株分けして、残った1鉢です。

あとの2鉢は、お嫁入りしました。

切り花にしても可愛いので、嫁ぎ先でも愛されていることでしょう。



ビオラ

ビオラもアリッサムも、繰り返し、咲いています。

ビオラは、アリッサムの勢いに呑まれているけれど。。。



スタージャスミン2

アウタージャスミン1

そろそろ終盤戦のスタージャスミン。

一ヶ月以上も楽しませてくれて、ありがとう~



オリヅルランの花

オリヅルランも、小さな花を咲かせています。

このオリヅルランも丈夫で成長著しく、株分けを何度もして、

他所のお家へ旅立っています。



トラディスカンティス1

トラディスカンティス2

トラディスカンティスも、元気印な子!

ブライダルベールにも似ています。

小さなお花が咲いて、他の植物の根元に植えると、良い感じに。。。

私のお友達は、ランの根元に寄せ植えしてました。





お家の中から、パティオを臨んで。。。

いつも、この風景が気持ち良いように、心掛けています。

ちょっと、水遣りの跡が。。。(^_^;)

パティオ




この日は、端午のお節句、作業が終わってからの、とタイムです~

お茶時間

日系スーパーで購入の柏餅、お味は決して良しとはいえませんが、

お節句のお菓子は食しておかなければ。。と半ば強制~(>_<)

もうすぐ日本。

美味しい和菓子が食べたいな~







にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

おつきあい下さいまして、ありがとうございます~♪

大好きなディンティーブルーで~カップの忘備録54

5月になりました。 日本は、GW真っ只中で、お暑いようですが、

こちらも、今週は暑く、陽射しがきついのです。

これからは、パティオでのお茶は、午前中でないと。。。



誕生日ウィークで出会ったカップ(その時の記事。。。。)で、早くお茶をしたいな~と

思っていて、ようやく、金曜日の今日、ゆっくりティータイム味わいました~


まずは、大好きなこのカップをご紹介させてくださいね~


ディンティーブルー1

ディンティーブルー2

はい、シェリーです

私の記事では、お馴染みのディンティーシェイプですが、

このディンティーブルーは、日本でもアメリカでも、人気が高いのです。

アンティークショップでも、他のディンティー柄に比べて、2.5倍くらいなお値段です。

アンティークマーケットでは、お目にかかったことはありません。

アンティ-クショップで、初めてお目にかかった時、「可愛い~」って

思ったけれど、お値段は可愛くなかったので、見送りました。

以来、このディンティーブルーは、気になっていたのでした。

やっぱり、シェリーコレクターのお家だったから、人気柄ははずしていなかったのね。。。。


スナックセット

こちらは、白と金彩の上品な感じのスナックセットです。

カップは、Wハンドルで、珍しいと思います。

お友達が気に入っていたのですが、カップ11、プレート8の

19ピースもあったので、私と共同で購入しました。

私は、3客プラス1カップです。

当初は購入するつもりではなかったのですが、やっぱり白はいろいろと

使えます。買って良かった~って、思いました。

たとえば。。。


トリオ

トリオとして、このように使えます。

同じシェリーなので、馴染みが良いと感じます。

それに、3枚あるので、アフタヌーンティーの三段トレーのプレートとしても

使えます~






さあ、イレブンシスのお茶といきましょうか。。。


お茶時間

ケーキと紅茶

トレーダージョーズの冷凍チーズケーキですが、かかっている赤いソースは、

私が作ったブラックベリーのソース(本当は、ジャムのつもりが、とろみが足らず。。)

ブラックベリーは、目にも良し、アンチエイジング老化予防)に良しなんです。

ブルーベリーより、安価だし。。。

紅茶はシッキムを淹れました。優しい甘い香りが感じられました。


お花

お花は、先週のフラワーアレンジメントの名残りの花と、

我家のアルストロメリア。


本2

本1


テーブル小物は、何がいいかしら。。。。と、

こんな小さなお茶楽しむための本を置いてみました。

イラストも優しい雰囲気で、お茶に関するお話が書かれています。

赤毛のアンの、アンがマリラに、ダイアナとのお茶会に、バラの花のティーセットを

使って良いかと尋ねるシーンもありました。



パティオのパラソルの下では、この時間は、とっても気持ち良いです。

風も爽やか。。。

ブルーのティーウエアーで、爽やかさを漫喫しました~


午後からは、プールに行ってこようと思います。






にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

おつきあい下さいまして、ありがとうございます~♪
プロフィール

whiteviola

Author:whiteviola
2015年末、アメリカから日本へ戻ってきました。息子達も独立し、夫T氏と日本での二人暮らしの50代主婦です。
ほとんど、おひとり様の毎日ですが、普通の生活に感謝しつつ、プチハッピーを感じていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。